Office関連

[PowerShell]iTextSharpを使ってPDFファイルを結合する

mougにあった質問「2つのPDFファイルを結合するには」の回答用に書いた、PowerShellからiTextSharpを使ってPDFファイルを結合するコードです。

[System.Reflection.Assembly]::LoadFrom("C:\System\iTextSharp\itextsharp.dll");
$reader1 = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfReader("C:\Test\Sample01.pdf");
$reader2 = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfReader("C:\Test\Sample02.pdf");
$fs = New-Object System.IO.FileStream("C:\Test\Output.pdf", [System.IO.FileMode]::OpenOrCreate);
$copy = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfCopyFields($fs);
$copy.AddDocument($reader1);
$copy.AddDocument($reader2);
$copy.Close();
$fs.Close();
$reader1.Close();
$reader2.Close();

iTextSharpはPowerShellからも簡単に使えて便利ですね!
ちなみに、上記コードをVBAから-Commandオプションを使って処理を実行するようにしたのが下記コードになります。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim v As Variant '結合元PDFファイル
  
  v = Array( _
        "C:\Test\Sample01.pdf", _
        "C:\Test\Sample02.pdf", _
        "C:\Test\Sample03.pdf" _
      )
  MergePDF v, "C:\Test\Output.pdf"
End Sub

Private Sub MergePDF(ByVal InputFilePath As Variant, _
                     ByVal OutputFilePath As String)
'iTextSharpを使ってPDFファイルを結合
  Dim com As String
  Dim i As Long
  Const DllFilePath As String = "C:\System\iTextSharp\itextsharp.dll" 'itextsharp.dllファイルのパス
  
  com = "powershell -Command "
  com = com & "[System.Reflection.Assembly]::LoadFrom('" & DllFilePath & "');"
  For i = LBound(InputFilePath) To UBound(InputFilePath)
    com = com & "$reader" & i & " = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfReader('" & InputFilePath(i) & "');"
  Next
  com = com & "$fs = New-Object System.IO.FileStream('" & OutputFilePath & "', [System.IO.FileMode]::OpenOrCreate);"
  com = com & "$copy = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfCopyFields($fs);"
  For i = LBound(InputFilePath) To UBound(InputFilePath)
    com = com & "$copy.AddDocument($reader" & i & ");"
  Next
  com = com & "$copy.Close();"
  com = com & "$fs.Close();"
  For i = LBound(InputFilePath) To UBound(InputFilePath)
    com = com & "$reader" & i & ".Close();"
  Next
  VBA.Shell com, vbNormalNoFocus
End Sub

バッチ処理を行うのであればPowerShellでコードを書けば良いので、敢えてVBAを使う必要は無さそうですが、既存のマクロにPDFファイルの結合処理を組み込みたいときには使えるかもしれません。

参考Webページ

関連Webページ

関連記事

  1. Office関連

    「入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術」レビュー

    久しぶりにVBA参考書籍のレビューです。今回は沢内晴彦氏が執筆され…

  2. Office関連

    Excel 2013 新関数一覧

    「関数一覧(Excel 2010)」と「関数一覧(Excel 2013…

  3. Office関連

    Google Docs APIを使ってGoogle ドキュメントを操作するVBAマクロ

    前回の記事で新しく追加されたGoogle Docs APIを紹介しまし…

  4. Office関連

    「クイックアクセスツールバーからPowerPointマクロを実行するアドイン」のコード

    2年ほど前に書いたPowerPointマクロの記事「クイックアクセスツ…

  5. Office関連

    ExcelとPowerPointに自動保存機能が追加されました。

    Excel 2016を使っていて、ふと気が付いたのが画面左上にある「自…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP