その他

「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。

経路探索サービスとして有名な株式会社ヴァル研究所の「駅すぱあと」ですが、そのWeb APIの一部がオープンデータ化し無償で利用できるようになりました。

・「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を公開しました
http://webservice.ekispert.com/news/2013/0920.html
・経路検索「駅すぱあと」の路線情報・駅情報を無償提供(法人向け)
http://webservice.ekispert.com/free_provision/

利用するには申し込みが必要で、下記Webページから必要事項を入力して申請を出すと、登録したメールアドレス宛にAPIキーとともにドキュメントやリファレンスの案内が送られてきます。
(私の場合は 2013/9/26 に申し込んで、翌27日にメールが届きました。)

・駅すぱあとWebサービスデータの無償提供お申込みフォーム
https://secure.ekiworld.net/form/free_provision/application.html

ドキュメントには各APIの使い方が分かりやすく書いてあるので、Web APIの扱いに慣れている人であれば戸惑うことはないでしょう。
サンプルコード(もといJSライブラリ?)も用意されているので、かなり親切だと思います。

APIの結果は、JSON形式かXMLで受け取れるようなので、テストがてら早速試してみました。

Ekispert_01_01

上図はExcel 2013で、WEBSERVICE関数などを使って取得した探索結果のリンク先を表示したもので、セルの値を変更すれば、もちろん結果となるリンクもそれに合わせて変更されます。

このサンプルを作るのに掛かった時間はわずか数分、駅すぱあとAPIのおかげでこれだけの機能が10分掛からずに実装できてしまいます。
しかも無料!これは本当に便利です!!

APIの全機能を利用する場合は有償版が必要になりますが、無償版だけでもかなりのことができるので、興味がある方は是非お試しください。

なお、APIのリファレンスやサンプルコードへのリンクは、公式サイトでも公開されていないようだったので(2013/9/27 時点)、本記事でもリンクを貼るのは控えました。

関連記事

  1. その他

    【サイエンスZERO】P・スワイヤーアイ(マリアナスネイルフィッシュ)特集

    昨年JAMSTECとNHKの研究チームが、マリアナ海溝の水深8,178…

  2. Office関連

    [PowerShell]iTextSharpを使ってPDFファイルを結合する

    mougにあった質問「2つのPDFファイルを結合するには」の回答用に書…

  3. その他

    Windows Azure MSDN 特典をアクティブ化しました。

    MSDN サブスクリプションの特典でWindows Azureが使える…

  4. その他

    Windows RT端末(ASUS VivoTab RT TF600T)を購入しました。

    アウトレット品が安くなっていたので、Windo…

  5. その他

    信号機ガチャ第2弾コンプしました。

    大人気となった「信号機」ガチャの第2弾(日本信号 続 ミニチュア灯器コ…

  6. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP