Office関連

ExcelのWebクエリからのアクセス情報

mougに面白い質問がありました。

・Querytables.addは、Googleアナリティクスなどで解析できますか?
http://www.moug.net/faq/viewtopic.php?t=68795

要するにExcelのWebクエリからのアクセスはサーバーサイドで判断できますか?、というものです。
これは、実際にWebクエリでページを読み込んだ時のサーバーのアクセスログを見ればすぐに答えが分かりそうなので、早速試してみました。

ローカルサーバーに適当なページを用意して(http://localhost/tbl.html)、まずはIEからのアクセスログを見てみます。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:50:03 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)"

このアクセスログはApacheのcombined形式で取得したもので、ブラウザーからのアクセスでは特に変わったところは無いですね。
続いてWebクエリのアクセスログです。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:10 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS / HTTP/1.1" 302 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS /xampp/ HTTP/1.1" 200 604 "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office; MSOffice 15)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:34 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office)"

これを見ると、User agentがIEからのアクセスとは異なっています。
特徴的なのは、

“Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1”

“Microsoft Office Existence Discovery”

ですね。
というわけで、ExcelのWebクエリからのアクセスはUser agentで判別することができそうです。
Google Analyticsでもカスタム変数を使えば簡単にUser agentを取得することができるでしょう。

右クリックから図形の配置 for Office 2013前のページ

Google Docs用アドオンを作成する。次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]Google ドライブでアプリを公開する方法

    今回は先日登壇した第一回 Apps for Office 勉強会の中で…

  2. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(1)

    2015年4月に公開されたOffice Teamのブログ記事「Toda…

  3. Office関連

    RESAS-APIをVBAから呼び出す方法

    下記記事の通り「地域経済分析システム RESAS」のAPIが公開された…

  4. Office関連

    スライド内容を自動的に機械翻訳するPowerPointマクロ

    前回の記事で紹介した各スライドに配置されたオートシェイプからテキストを…

  5. Office関連

    [PowerPoint]Applicationオブジェクトのイベントを利用する

    PowerPointのApplicationオブジェクトには、スライド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP