Office関連

ExcelのWebクエリからのアクセス情報

mougに面白い質問がありました。

・Querytables.addは、Googleアナリティクスなどで解析できますか?
http://www.moug.net/faq/viewtopic.php?t=68795

要するにExcelのWebクエリからのアクセスはサーバーサイドで判断できますか?、というものです。
これは、実際にWebクエリでページを読み込んだ時のサーバーのアクセスログを見ればすぐに答えが分かりそうなので、早速試してみました。

ローカルサーバーに適当なページを用意して(http://localhost/tbl.html)、まずはIEからのアクセスログを見てみます。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:50:03 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)"

このアクセスログはApacheのcombined形式で取得したもので、ブラウザーからのアクセスでは特に変わったところは無いですね。
続いてWebクエリのアクセスログです。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:10 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS / HTTP/1.1" 302 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS /xampp/ HTTP/1.1" 200 604 "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office; MSOffice 15)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:34 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office)"

これを見ると、User agentがIEからのアクセスとは異なっています。
特徴的なのは、

“Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1”

“Microsoft Office Existence Discovery”

ですね。
というわけで、ExcelのWebクエリからのアクセスはUser agentで判別することができそうです。
Google Analyticsでもカスタム変数を使えば簡単にUser agentを取得することができるでしょう。

右クリックから図形の配置 for Office 2013前のページ

Google Docs用アドオンを作成する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    表の特定の列に対して処理を行うWordマクロ

    2015/6/12 追記:下記で紹介しているコードはセルの結合を考…

  2. Office アドイン

    [Officeアドイン]図形挿入アドイン

    最近まほうのルミティアとかプリキュア、オトカドールの記事ばかり書くこと…

  3. Office関連

    [Word]隠し文字をクイックアクセスツールバーから設定する。

    Wordで、部分的に印刷したくない文字列がある場合には「隠し文字」がよ…

  4. Office関連

    Office製品のフィードバック先まとめ

    WordやExcel等のOffice製品を使っていて、「UIのこの日本…

  5. Office関連

    Word 2013のアクセス キー一覧

    2013/10/24 追記:下記一覧表をPDFファイルにしました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP