Office関連

ExcelのWebクエリからのアクセス情報

mougに面白い質問がありました。

・Querytables.addは、Googleアナリティクスなどで解析できますか?
http://www.moug.net/faq/viewtopic.php?t=68795

要するにExcelのWebクエリからのアクセスはサーバーサイドで判断できますか?、というものです。
これは、実際にWebクエリでページを読み込んだ時のサーバーのアクセスログを見ればすぐに答えが分かりそうなので、早速試してみました。

ローカルサーバーに適当なページを用意して(http://localhost/tbl.html)、まずはIEからのアクセスログを見てみます。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:50:03 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)"

このアクセスログはApacheのcombined形式で取得したもので、ブラウザーからのアクセスでは特に変わったところは無いですね。
続いてWebクエリのアクセスログです。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:10 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS / HTTP/1.1" 302 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS /xampp/ HTTP/1.1" 200 604 "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office; MSOffice 15)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:34 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office)"

これを見ると、User agentがIEからのアクセスとは異なっています。
特徴的なのは、

“Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1”

“Microsoft Office Existence Discovery”

ですね。
というわけで、ExcelのWebクエリからのアクセスはUser agentで判別することができそうです。
Google Analyticsでもカスタム変数を使えば簡単にUser agentを取得することができるでしょう。

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(B)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  2. Office関連

    [Excel VBA]PrintPreview後に印刷するとCtrl+;の日付形式が変わる?

    MSDNフォーラムで面白い質問がありました。・Excel …

  3. Office関連

    シート見出しの右クリックメニューから「コードの表示」を消す方法

    いつもお世話になっている「インストラクターのネタ帳」の管理人である伊藤…

  4. Office関連

    オフィス祭り 2018 in 東京に参加しました。

    先日書いた下記記事の通り、9月15日(土)に品川にある日本マイクロソフ…

  5. Office関連

    Excel Services JavaScript APIを試してみました(1)

    前回の記事で紹介した「ExcelMashup.com」、このサイトによ…

  6. Office関連

    [閑話]Wordの「線種とページ罫線と網かけの設定」って英語版では何っていうの?

    Officeの機能について調べるとき、日本語での情報が無いときは英語圏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP