Office関連

ExcelのWebクエリからのアクセス情報

mougに面白い質問がありました。

・Querytables.addは、Googleアナリティクスなどで解析できますか?
http://www.moug.net/faq/viewtopic.php?t=68795

要するにExcelのWebクエリからのアクセスはサーバーサイドで判断できますか?、というものです。
これは、実際にWebクエリでページを読み込んだ時のサーバーのアクセスログを見ればすぐに答えが分かりそうなので、早速試してみました。

ローカルサーバーに適当なページを用意して(http://localhost/tbl.html)、まずはIEからのアクセスログを見てみます。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:50:03 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)"

このアクセスログはApacheのcombined形式で取得したもので、ブラウザーからのアクセスでは特に変わったところは無いですね。
続いてWebクエリのアクセスログです。

127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:10 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS / HTTP/1.1" 302 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:21 +0900] "OPTIONS /xampp/ HTTP/1.1" 200 604 "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office; MSOffice 15)"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:28 +0900] "HEAD /tbl.html HTTP/1.1" 200 - "-" "Microsoft Office Existence Discovery"
127.0.0.1 - - [13/Mar/2014:09:52:34 +0900] "GET /tbl.html HTTP/1.1" 304 - "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; ms-office)"

これを見ると、User agentがIEからのアクセスとは異なっています。
特徴的なのは、

“Microsoft Office Excel 2013 (15.0.4569) Windows NT 6.1”

“Microsoft Office Existence Discovery”

ですね。
というわけで、ExcelのWebクエリからのアクセスはUser agentで判別することができそうです。
Google Analyticsでもカスタム変数を使えば簡単にUser agentを取得することができるでしょう。

関連記事

  1. Office関連

    Windows 10 Technical PreviewにOffice XPをインストールしてみまし…

    「最新ビルドを詳細レビュー! Windows 10 Technical…

  2. Office アドイン

    【2019年6月版】Excel カスタム関数(Excel Custom functions)の紹介

    1年半ほど前、Excel カスタム関数について記事を書きました。…

  3. Office関連

    アドインやテンプレートのバージョンチェックを行うVBAマクロ

    色々なアプリケーションに実装されている、「最新バージョンの確認」機能、…

  4. Office関連

    「個人用テンプレートの既定の場所」を設定するWordマクロ

    前回の記事で、Word 2013で個人用テンプレート(カスタム テンプ…

  5. Office関連

    Computer Vision APIを使って画像から文字列を取得するVBAマクロ

    前々回の記事で、Fiddlerを使ってMicrosoft Cognit…

  6. Office アドイン

    「マイクロソフト Office 用アプリ開発スタートアップガイド」レビュー

    ※ 下記レビューはあくまでも個人的な感想です。日本初(恐らく)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP