クライアント管理

Adobe Acrobat Reader DCのサイレントインストール方法

Adobe、「Adobe Reader」後継の「Adobe Acrobat Reader DC」を公開 – 窓の杜」にあるように、Adobe Readerの後継となるPDFリーダー「Adobe Acrobat Reader DC」が公開され、下記ページからダウンロードできるようになりました。

※ 上記FTPサイトと「For Windows」からはMUI(複数言語対応)版やスペルチェック用の追加辞書、言語パックもダウンロード可能です。

Adobe Readerに関しては、以前書いた記事「[クライアント管理]Adobe Reader、Acrobat、Flash Player、JREのサイレント・インストール(アップデート)」でサイレントインストールするためのコマンドを紹介したのですが、Adobe Acrobat Reader DCになって同じオプションが使えるのかどうか、実際に試してみました。

Adobe Acrobat Reader DCのサイレントインストール方法

  1. Adobe – Adobe Acrobat Reader DCの配布」から日本語版をダウンロードします(2015/4/8 時点では「AcroRdrDC1500720033_ja_JP.exe」ファイル)。
  2. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動し、1.でインストーラーをダウンロードしたフォルダを開きます。
  3. /sPB」「/rs」「/l」オプションを付けてインストーラーを実行します。
  4. ※ 指定可能なオプションは下記の通りです。

    /sAll		Silent Mode for product
    /sPB		Silent Mode with Progress Bar for product
    /sLS		Display Language Selection Dialog
    /rs		Reboot Suppress
    /rps		Reboot Prompt Suppress
    /ini "PATH"	Alternative initialization file
    /sl "LANG_ID"	Set Language; LANG_ID - Code in decimal digits
    /l		Enable Error Logging
    /re		Register Errors
    /extUI		Attach external UI Handler
    /msi[Command line]	Parameters for MSIEXEC

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_01

  5. インストール作業が自動的に行われ、Adobe Acrobat Reader DCを使用できるようになりました。
  6. AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_02

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_03

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_04

上記の通り、Adobe Acrobat Reader DCになっても、これまで通りのオプションでサイレントインストールできることが確認できました。

関連記事

  1. Office関連

    Acrobatを使ってPDFファイルをNアップするVBAマクロ

    VBAで、B5サイズのPDFファイルを横並びにしてB4サイズのPDFフ…

  2. Office関連

    PDFファイル上のフィールドの値を操作するVBAマクロ

    「PDFファイルに差し込み印刷するVBAマクロ」で、Acrobatを操…

  3. VBScript

    Acrobatを使ってPDFファイルを結合するVBScript

    「Acrobat PDF 結合 コマンドライン」といったキーワード検索…

  4. クライアント管理

    Javaの自動更新を停止する。

    PC起動時に度々「このサイトのセキュリティ証明書の取り消し情報は、使用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP