クライアント管理

Adobe Acrobat Reader DCのサイレントインストール方法

Adobe、「Adobe Reader」後継の「Adobe Acrobat Reader DC」を公開 – 窓の杜」にあるように、Adobe Readerの後継となるPDFリーダー「Adobe Acrobat Reader DC」が公開され、下記ページからダウンロードできるようになりました。

※ 上記FTPサイトと「For Windows」からはMUI(複数言語対応)版やスペルチェック用の追加辞書、言語パックもダウンロード可能です。

Adobe Readerに関しては、以前書いた記事「[クライアント管理]Adobe Reader、Acrobat、Flash Player、JREのサイレント・インストール(アップデート)」でサイレントインストールするためのコマンドを紹介したのですが、Adobe Acrobat Reader DCになって同じオプションが使えるのかどうか、実際に試してみました。

Adobe Acrobat Reader DCのサイレントインストール方法

  1. Adobe – Adobe Acrobat Reader DCの配布」から日本語版をダウンロードします(2015/4/8 時点では「AcroRdrDC1500720033_ja_JP.exe」ファイル)。
  2. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動し、1.でインストーラーをダウンロードしたフォルダを開きます。
  3. /sPB」「/rs」「/l」オプションを付けてインストーラーを実行します。
  4. ※ 指定可能なオプションは下記の通りです。

    /sAll		Silent Mode for product
    /sPB		Silent Mode with Progress Bar for product
    /sLS		Display Language Selection Dialog
    /rs		Reboot Suppress
    /rps		Reboot Prompt Suppress
    /ini "PATH"	Alternative initialization file
    /sl "LANG_ID"	Set Language; LANG_ID - Code in decimal digits
    /l		Enable Error Logging
    /re		Register Errors
    /extUI		Attach external UI Handler
    /msi[Command line]	Parameters for MSIEXEC

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_01

  5. インストール作業が自動的に行われ、Adobe Acrobat Reader DCを使用できるようになりました。
  6. AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_02

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_03

    AdobeAcrobatReaderDC_SilentInstall_04

上記の通り、Adobe Acrobat Reader DCになっても、これまで通りのオプションでサイレントインストールできることが確認できました。

関連記事

  1. クライアント管理

    Javaを使ったWebサイトが突然動かなくなった。

    2014年1月に公開されたJava 7 Update 51を適用したと…

  2. クライアント管理

    [クライアント管理]アップデータを配布せずにAdobe ReaderやAcrobatを更新する方法

    PC管理者を悩ませる作業の一つである“パッチ当て”、特にほとんどのPC…

  3. クライアント管理

    [レジストリ]Adobe Acrobat Reader DCの環境設定

    Adobe Acrobat Reader DCの環境設定や自動更新に関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP