Google関連

[Google Apps Script]スプレッドシートで選択範囲を変更したときに実行されるonSelectionChangeトリガー

下記リリースノートにある通り、4月のGoogle Apps Scriptのアップデートでスプレッドシートに「onSelectionChange」トリガーが追加されました。

ドキュメントを開くなど、特定のイベントが発生したときに、自動的に予約済みの組込み関数が実行される仕組みをシンプルトリガー(Simple Triggers)と呼びますが、onSelectionChangeもこのシンプルトリガーで、ユーザーが選択範囲を変更すると自動的に実行されます。

例えば、下記は選択しているセルの値をアラート表示するだけのコードですが、このコードを追加した状態で選択範囲を変更すると、自動的に関数が実行されることが確認できます。

function onSelectionChange(e) {
  SpreadsheetApp.getUi().alert(e.range.getCell(1, 1).getValue());
}

メニューやボタンを押すことなくスクリプトが実行できるのは便利ですが、選択セルを変更する度にスクリプトが走ると、処理が重くなりそうです。
(計測したことが無いので実際は分かりませんが・・・)

使いどころが中々難しいな、と個人的には思いますが、サイドバーと組み合わせると、値の読み書きが簡単にできるので便利なのかもしれません。

ちなみに、同様の仕組みはOffice アドインでも「SelectionChanged」イベントとして用意されています。

また、私がテストした限りでは、現時点(2020年5月)では環境によってonSelectionChangeが動いたり動かなかったりしました。

同じ環境でも昨日動いていたコードが翌日動かなくなったり、よく分からない挙動が続いていますが、最初に書いた通り実装されたばかりの機能なので、まだ完全にロールアウトされていないのかもしれません。

Stack Overflowでも同様の報告がされています。

関連記事

  1. 情シス

    [Google Apps Script]メールをemlとして保存する

    今回の記事は「情シスSlack Advent Calendar 201…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]拡張サービスを使用する。

    Google Apps Scriptでは「拡張サービス」(Advanc…

  3. Word

    GoogleとYahoo!で同時に翻訳するWordマクロ

    「Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ」と「Yahoo!翻訳で文字…

  4. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(3)

    前回、前々回とGmail APIを扱ってきましたが、今回は前々回の記事…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP