Google関連

[Google Apps Script]マクロの記録のショートカット情報の保存先

Google スプレッドシートには、Web版ExcelのOffice Scriptsのように『マクロの記録』機能があります。
(スプレッドシートの方がOffice Scriptsより先に登場しているわけですが…😅)

下図のように操作をスクリプトとして記録・再生でき、同じ操作を繰り返し行う場合には非常に役立つ機能です。

このマクロの記録機能で特に便利なのが「ショートカットキー」を設定できるところです。

【Ctrl + Alt + Shift + (1 ~ 9 までの数字)キー】を割り当てることで、メニューからマクロを選ばなくても、そのキーを押すだけで記録したマクロを再生できます。

ふと気になったのが、“このショートカットキー情報はどこに保存されているのか?”、ということ。

スクリプトエディタを開いても、記録されたコードだけでショートカットキーの情報はありません。

もう少し調べてみると、マニフェストファイル(appscript.json)に情報があるのを見つけました。

{
  "timeZone": "America/New_York",
  "dependencies": {
  },
  "exceptionLogging": "STACKDRIVER",
  "runtimeVersion": "V8",
  "sheets": {
    "macros": [{
      "menuName": "TEST",
      "functionName": "TEST",
      "defaultShortcut": "Ctrl+Alt+Shift+3"
    }]
  }
}

上記の通り、「defaultShortcut」フィールドにショートカットキーの情報が記録されているわけですね!

同様に、「menuName」は表示されるマクロの名前、「functionName」は実行されるスクリプト関数名となっています。

ちなみに、マニフェストファイルを手動で編集することで、ショートカットキーを変えることもできますが、「Ctrl+Alt+Shift+A」のように数字以外のキーを指定しても、マクロは再生されませんでした。

非常に小さいことですが、疑問が解けてスッキリしました!
次に何か気になることが出てきたときは、まずはマニフェストを見てみようと思います。

【感想】通学生日記前のページ

[Power Automate]短縮化したTeams会議URLを通知するフロー次のページ

関連記事

  1. Google関連

    Google Docs API v1を試してみました。

    下記TechCrunchの記事によると、Google ドキュメントの新…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]ヘッダー名を指定してRFC 2822ヘッダーの値を取得する

    以前当ブログで、GASでメールのMessage-IDヘッダーを取得する…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートで不要な空白文字を削除する

    スプレッドシートでは、「データ」メニューにある「空白文字を削除」を実行…

  4. Google関連

    [Google Apps Script]Google フォームとkintoneを連携させる方法

    Webフォームで入力された回答を、直接kintoneのアプリに保存した…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP