Power Automate

[Power Automate]短縮化したTeams会議URLを通知するフロー

先日のツイート↓
Teams会議に参加するためのURL、これは長すぎるのではないかと常々思っています。

そこで、Bitlyを使って短縮したURLを自動通知する簡単なフローを考えてみました。

フロー全体図

下図がフローの全体図です。

ご覧の通り、特に複雑な処理はしていません。

フロー概要

  1. トリガー:「新しいメールが届いたとき (V3)(Office 365 Outlook)」、テストなので受信トレイを指定していますが、実際に使う際には、事前に招待メールを任意のフォルダに振り分けるようにしておいて、そのフォルダを指定した方が実用的だと思います。
  2. 「変数を初期化する」でメールの本文、宛先、件名を変数の値として設定します。
  3. 招待URLのインデックス値を、indexOf関数で「招待URLインデックス」変数の値として設定します。
  4. indexOf(variables('メール本文'),'https://teams.microsoft.com/l/meetup-join/')

  5. 後で使う招待URLと短縮URL用の変数を初期化します。
  6. 招待URLインデックスの値で条件判定を行い、メール本文内で招待URLが見つからない場合(招待URLインデックスの値が「-1」)の場合はそのまま終了します。
  7. メール本文から招待URLを取得します。招待URLのインデックス値から適当な文字数分substring関数で抜き出し、split関数を使って「"」で分割して配列として取得、first関数で最初の項目を取得、といった処理内容です。
  8. first(split(substring(variables('メール本文'),variables('招待URLインデックス'),500),'"'))

  9. Bitlyコネクタの「Create a bitlink (V2)」で短縮URLを作成し、結果を「短縮URL」変数の値として設定します。
  10. メールの送信 (V2)」で短縮URLをメール送信します。

実行結果

実際にフローを動かしたときのキャプチャーが下図で、Teams会議の招待メールが届くと、直後に短縮URLが通知されます。

取得した短縮URLをSlackやTeamsで通知することも考えたのですが、個人的にはメール通知が一番使い勝手が良かったので、上記のようなフローにしました。

ただ、下記サイトの通り、短縮URLについてはUserVoiceに多くの要望が寄せられているので、その内実装されるのではないかと思います。Microsoftさんならきっとやってくれるはず!

関連記事

  1. Power Automate

    [Power Automate]UIフローで指定したパスのアプリケーションを実行しようと試行錯誤した…

    ここ最近のブログ記事をご覧いただくと分かる通り、Power Autom…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateからスクリプトを実行する

    下記Webサイトにある通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  3. Power Automate

    Power AutomateのUIフローを試してみました。

    ※2019年11月時点では、UIフローはまだプレビュー版であり、今後、…

  4. Power Automate

    [Power Automate]デスクトップ UI フロー実行時にハマったポイント

    下記、“Power AutomateのUIフローを試してみた”記事でも…

  5. Power Automate

    [Power Automate]OneDriveにアップした画像ファイルを自動的にPhotoshop…

    下記記事で、“UIフローで任意のアプリケーションやスクリプトを呼び出す…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP