Outlook

[Power Automate Desktop]メール受信をトリガーにしてフローを実行するVBAマクロ

前回、名前を指定してPower Automate Desktopのフローを実行するPowerShellスクリプトについて記事を書きました。

UI AutomationでPADの画面を操作する仕組みで、同様の処理はVBAからでも実行することができます(UIAutomationClient(UIAutomationCore.dll)要参照)。

※本マクロの使用は自己責任でよろしくお願いいたします。

実行ボタンを押した後、Sleepを使わずに処理待ちするのが上手くいかなかったので、PADを終了する場合は、フロー実行後にすぐにウィンドウを閉じる処理となっています。

VBAからでもPADのフローを呼び出せるとなると、Outlookが使える環境であれば、メール受信時に発生するイベント「(Application).NewMailEx」を使ってメール受信をトリガーにしてフローを実行することもできるわけです。

下記は一例ですが、受信したメールの件名が「PADフロー実行:(フロー名)」の場合にフロー名で指定したフローを実行します。

Private Sub Application_NewMailEx(ByVal EntryIDCollection As String)
  Dim itm As Object
  Dim v As Variant

  Set itm = Application.Session.GetItemFromID(EntryIDCollection)
  If TypeOf itm Is Outlook.MailItem Then
    v = Split(itm.Subject, ":")
    If v(LBound(v)) = "PADフロー実行" Then StartPADFlow v(UBound(v)), False
  End If
End Sub

下の動画では、スマホのOutlookからメールを送り、カメラで撮影した写真を添付メールで送信するフローを実行しています。

以上のように、Power Automateのデスクトップフローを使わなくても、PADのフローを呼び出せることが確認できたわけですが、前回の記事でも書いた通り、安定してフローを実行できるわけではないため、実務ではデスクトップフローを使用した方が良いだろうと思います。

[Power Automate Desktop]名前を指定してフローを実行するPowerShellスクリプト前のページ

RPAのテスト用にレガシーアプリケーションを作ってみました。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    メールアドレスからExchangeUserを取得するOutlookマクロ

    mougに“メールアドレスをキーとしてExchangeグローバルアドレ…

  2. Office関連

    [Outlook]仕分けルールでスクリプト(マクロ)を実行する。

    Msdn フォーラムにあった質問関連でメモを残しておきます。…

  3. Office Scripts

    Office ScriptsとPower Automateで簡単なメールアーカイブを作る方法

    下記記事でも書いている通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateからスクリプトを動的に書き換えて実行する…

    ※記事中でも書いていますが、本記事はPower Automateのフロ…

  5. Office関連

    メールを閉じたときに指定したフォルダに移動するOutlookマクロ

    先日Twitterで @akashi_keirin さんが下記ツイート…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP