Power Automate for desktop

Power Automate for desktopが32ビット版のOSにインストールできるか試してみました。

下記ページにも書かれている通り、Power Automate for desktop(PAD)はWindows 10をサポートしています。

システム要件:
Windows 10 Home、Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Enterprise、Windows Server 2016、Windows Server 2019 または Windows Server 2022 を実行するデバイス。 ARM デバイスはサポートされていません。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/power-automate/desktop-flows/setup?WT.mc_id=M365-MVP-4029057 より

そして下記ページにある通り、Windows 10には32ビット版が用意されています。

これまで32ビット版のOS上でPADが動作するかどうかを確認したことがなかったので、実際に試してみることにしました。

実行環境

実行環境は下記の通りで、NTVDMで16ビットアプリケーションも実行できる環境です。

  1. Hyper-V上の仮想環境
  2. Windows 10 Pro 21H2 32ビット版

Power Automate for desktopのインストールと動作確認

PADのインストーラーをダウンロードし、指示に従ってインストールします。

問題無くインストールが完了しました。
タスクマネージャーでプラットフォームを確認すると、当たり前ですが「32ビット」になっています。

一方、64ビット版のWindows 10上では「64ビット」としてPADが動作しています。

上記の通り、32ビット版のWindows 10上でも問題なくPADが動作することが確認できました。
触った感じ動作には違いが無いようでしたが、例えばSQL関連のアクションでAccess データベース エンジンを使用する際には64ビット版のエンジン(accessdatabaseengine_X64.exe)ではなく32ビット版のエンジン(accessdatabaseengine.exe)が必要になりますし、環境の違いを把握しておくことは重要だと思います。

【感想】勇気の推理 海苔(Nintendo Switchソフト)前のページ

[Office Scripts]SharePointでスクリプトを保存・実行できるようになりました。次のページ

関連記事

  1. Power Automate for desktop

    Power Automate for desktopの起動方法

    今回はPower Automate for desktop(PAD)の…

  2. Power Automate for desktop

    [Power Automate Desktop]OCR(Computer Vision)アクションを…

    先週の金曜日に開催されたRPA勉強会に参加し、PADとAI-OCRのデ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP