Office関連

Web上でVBAのコードを解析するツール「Microsoft Sharepoint and VBA Code Analyzer」

Web上でVBAやSharePointアプリケーションのコードを解析して、Office 365やWindows Azureに移行するのを助けてくれるツール「Microsoft Sharepoint and VBA Code Analyzer」のベータ版が公開されました。

・Microsoft Sharepoint and VBA Code Analyzer
https://www.office365appmigrations.com/

MSVCA_01_01

ドメインからしてそのまんまのサイトですね。
利用方法は簡単で下記の通りです。

  1. Microsoft Sharepoint and VBA Code Analyzer」にアクセスします。
  2. 右上にある「Sign In」をクリックし、Microsoft、Facebook、Google、いずれかのアカウントでサインインします。
  3. MSVCA_01_02

    MSVCA_01_03

  4. このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?」との確認画面が表示されたら「はい」ボタンをクリックします。
  5. MSVCA_01_04

  6. Home画面が表示されたら「Upload my Files」をクリックします。
  7. MSVCA_01_05

  8. Upload your files画面が表示されたら「Introduce a package name to start uploading files…」部分にグループ名を入力し、「Drop files to upload」部分に解析対象のファイルをドラッグ&ドロップするか、クリックしてファイル選択ダイアログからファイルをアップロードします。グループ化されたファイルはすべて、一緒に解析されます。「Begin Analysis…」ボタンをクリックすると、解析が始まります。
  9. MSVCA_01_06

  10. 解析が終了すると、「My Reports」から結果を見ることができます。
  11. MSVCA_01_07

    MSVCA_01_08

    MSVCA_01_09

    MSVCA_01_10

    MSVCA_01_11

  12. Download Report」ボタンをクリックすれば、XML(Excel)形式でレポートをダウンロードすることもできます。
  13. MSVCA_01_12

以上で作業は終了です。
解析結果のレポートを見る限り、モジュール数やコメント数、コード中でどんなオブジェクトや関数がどれだけ使われているのかといった情報等を知ることができるようです。

VBAやオンプレミス環境のシステムからの移行を考えている場合は、最初の取っ掛かりの調査として上記ツールを使ってみるのも良いかもしれません。
ちなみに、コードの解析は安全な場所で行われているとのことです。

■ 参考Webページ

・Introducing: The SharePoint and VBA Code Analyzer – Apps for Office and SharePoint blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/officeapps/archive/2014/03/04/introducing-the-sharepoint-and-vba-code-analyzer.aspx

[Office用アプリ]開発入門の記事を書かせていただきました。前のページ

2014年2月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    KB2553154の更新プログラムをアンインストールするVBScript

    2014/12/11 追記:当記事で紹介しているのは更新プログラム…

  2. Office関連

    PowerPointの自動実行マクロ

    ExcelのAuto_OpenやWordのAutoOpenのように、P…

  3. Office関連

    Word 2013の「個人用テンプレート」はどこ?

    Word 2010では、から「個人用テンプレート」(カスタム テンプレ…

  4. Office関連

    Office 2007のサポートが2017年10月10日に終了します。

    2007年1月にパッケージ版が発売されてから早10年、長らく活躍してき…

  5. Office関連

    ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ

    Outlookには「ユーザー設定フォーム」(Custom Forms)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP