Office関連

データの取り込みはこれにお任せ!?Excel用Data Explorerアドインの紹介

MicrosoftからExcelの新しいアドイン「Data Explorer」が公開されました(2013/04/11 時点ではPreview版)。

・Microsoft “Data Explorer” Preview for Excel
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36803


[Microsoft “Data Explorer” Preview for Excel]には下記のように紹介されていて、

Try the upcoming capabilities for Self-Service BI with the Microsoft “Data Explorer” Preview for Excel. This preview gives you an early look into upcoming features that simplify access to public and corporate data. Now you can easily discover, combine, and refine data for better analysis in Excel.

“Data Explorer” provides an intuitive and consistent experience for discovering, combining, and refining data across a wide variety of sources including relational, structured and semi-structured, OData, Web, Hadoop, Azure Marketplace, and more. Data Explorer also provides you with the ability to search for public data from sources such as Wikipedia.

どうやらODataやWeb、Azure Marketplaceなどからデータを取り込み、可視化・分析するための所謂BIツールのようです。
Youtubeに紹介動画がアップされているので、下記動画を見ると動作がよく分かります。

動作環境は下記の通りで、OSはWindows Vistaから、Officeは2010 SP1からサポートされています。

・OS

– Windows Vista (requires .NET 3.5 SP1)
– Windows Server 2008 (requires .NET 3.5 SP1)
– Windows 7
– Windows 8

・Office

– Office 2010 SP1
– Office 2013

インストールも簡単で、Microsoft “Data Explorer” Preview for Excelからダウンロードしたmsiファイルを実行して指示に従うだけです。

msiファイルは32ビット版、64ビット版の両方が用意されているので、それぞれ環境に応じたファイルをダウンロード、インストールする必要があります。

インストール終了後Excelを起動すると、「DATA EXPLORER」タブが追加されていました。

Get External Data」(外部データの取り込み)グループを見ると下図のようになっていて、様々なデータを引っ張ってくることができるようです。
SQL Serverはもちろん、Windows Azure SQL DatabaseやMySQLからもデータを持ってこられるのは便利ですね!Facebookのデータを取り込めるのも面白いです。

Online Search
From Web
From File
  From Excel
  From CSV
  From XML
  From Text
  From Folder
From Database
  From SQL Server Database
  From Windows Azure SQL Database
  From Access Database
  From Oracle Database
  From IBM DB2 Database
  From MySQL Database
  From PostgreSQL Database
  From Teradata Database
From Other Sources
  From SharePoint List
  From OData Feed
  From Windows Azure Marketplace
  From Active Directory
  From Hadoop File (HDFS)
  From Windows Azure HDInsight
  From Facebook

実際に触った感触としては、Excelの標準機能である”「外部データの取り込み」の超機能拡張版“といった感じでした。
Web含めた外部のデータを持ってきてフィルタリング、必要な部分だけを取り出してExcelの機能で加工する、BIツールとしてはとても強力なものだと思います。
日常的にExcelでデータを加工・分析している方は是非使ってみてください。

関連記事

  1. Office関連

    プログラムのソースコードを別の言語に変換するVBAマクロ

    SharpDevelopが公開している、ソースコードを変換するAPI「…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(K,L)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    64ビット版OfficeでURLエンコード処理ができない?

    2011/12/28 追記:関連記事として「文字コードを指定してU…

  4. Office関連

    [VBA]桁を揃えてDebug.Printする。

    @CallMeKoheiさんのブログの記事に「Excel VBA イミ…

  5. Office アドイン

    Office用アプリではalertやconfirmが使えない?

    JavaScriptでメッセージや確認ダイアログを表示する際には「al…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP