Office関連

esp@cenetが公開しているPDF公報をダウンロードするVBAマクロ

esp@cenet(Espacenet)が公開しているRESTfulなWeb APIを利用して、PDF公報をダウンロードするマクロを書いてみました。
引数として公開番号とPDFファイルの保存先フォルダのパスを渡すと、指定したフォルダに公開番号名のフォルダを作成し、その中にPDFファイルをダウンロード・保存するマクロです。
(処理終了後はPDFファイルを保存したフォルダを自動的に開きます。)

Option Explicit

Private Declare Function URLDownloadToFile Lib "urlmon" Alias "URLDownloadToFileA" (ByVal pCaller As Long, ByVal szURL As String, ByVal szFileName As String, ByVal dwReserved As Long, ByVal lpfnCB As Long) As Long

Public Sub Sample()
  GetPatentPDF "JP10000002", "C:\Test"
End Sub

Public Sub GetPatentPDF(ByVal PN As String, ByVal SaveFolderPath As String)
'PN:公開番号 , SaveFolderPath:PDFファイルの保存先フォルダのパス
  Dim Link  As String
  Dim Pages As String
  Dim ImgUrl As String
  Dim d As Object
  Dim n As Object
  Dim i As Long
  Const url As String = "http://ops.epo.org/2.6.2/rest-services/"
  
  Set d = Nothing: Link = "": Pages = "" '初期化
  On Error Resume Next
  With CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
    .Open "GET", url & "published-data/publication/epodoc/" & PN & "/images", False
    .setRequestHeader "Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded"
    .Send
    If .Status <> 200 Then
      MsgBox "処理が失敗しました。" & vbCrLf & "ResponseCode:" & .Status, vbCritical + vbSystemModal
      Exit Sub
    Else
      Set d = .responseXML
    End If
  End With
  On Error GoTo 0
  If Not d Is Nothing Then
    For Each n In d.SelectNodes("/ops:world-patent-data/ops:document-inquiry/ops:inquiry-result/ops:document-instance")
      If InStr(LCase$(n.getAttribute("desc")), "full") Then
        Link = n.getAttribute("link")
        Pages = n.getAttribute("number-of-pages")
        Exit For
      End If
    Next
    If Len(Pages) > 0 Then
      '保存先フォルダ準備
      If Right$(SaveFolderPath, 1) <> Application.PathSeparator Then SaveFolderPath = SaveFolderPath & Application.PathSeparator
      SaveFolderPath = SaveFolderPath & PN
      With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
        If .FolderExists(SaveFolderPath) Then .DeleteFolder SaveFolderPath
        .CreateFolder SaveFolderPath
      End With
      For i = 1 To CLng(Pages)
        ImgUrl = url & Link & ".pdf?Range=" & i 'pdf決め打ち
        URLDownloadToFile 0&, ImgUrl, SaveFolderPath & Application.PathSeparator & PN & "-" & CStr(i) & ".pdf", 0&, 0&
      Next
      CreateObject("Shell.Application").Open SaveFolderPath & Application.PathSeparator
    End If
  End If
End Sub

上記コードはAPIのごく一部の機能しか使っていない単純なマクロで、エラー処理もかなり手を抜いています。
より細やかな制御を必要とする場合やその他の検索機能を実装する場合は、下記WebページからダウンロードできるAPIの資料(Open Patent Services RESTful Web Services Reference Guide)をご参照ください。

・Open Patent Services (OPS)
http://www.epo.org/searching/free/ops.html

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]開発入門の記事を書かせていただきました。

    日経ソフトウエア 2014年3月号から連載の「Office用アプリ開発…

  2. Office関連

    VBAからRegistration-Freeで.NETベースのDLLを呼び出す方法

    C#製のDLLをVBAから呼び出すのにいちいちRegAsmするのも面倒…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]第三回 Apps for Office 勉強会で登壇しました。

    10月4日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「第3回 A…

  4. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(G)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  5. Office関連

    外部からOutlookのマクロを実行するマクロ

    外部からOutlookのマクロを実行するマクロ今回は外部からO…

  6. Office関連

    未読アイテムの件数を取得するOutlookマクロ

    「Outlook 未読 件数 マクロ」といったキーワード検索でのアクセ…

コメント

    • くれよん
    • 2015年 3月 14日

    素晴らしいコードを公開して下さり、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP