Office アドイン

JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。

2012/11/1 追記:
Office 2013 RTMリリースに伴い、下記記事でOffice用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法について改めてまとめてみました。

・Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法
//www.ka-net.org/blog/?p=2412

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版とVisual Studio Professional 2012 RC版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

Visual Studio 2012 RCでOffice 2013用のCOMアドインを作成する。」でも紹介している「Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012」をVisual Studio 2012に導入すると、WordやExcelの作業ウィンドウアプリを作成できるようになるので、早速試してみました。

  1. Visual Studioを起動します。
  2. ※ Visual Studio起動時に「プロシージャ エントリ ポイント _Atomic_fetch_sub_4 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR110.dll から見つかりませんでした。」とのエラーが表示される場合は、このページを参考に更新プログラムを適用してください。

  3. 新規プロジェクトの作成画面で「App for Office 2013」を選択し、名前を「HelloWorld」とします。
  4. Office 用アプリの作成画面が表示されるので、「作業ウィンドウのアプリ(T):」を選択し、「Excel」にチェックを入れた後「完了」ボタンをクリックします。
  5. 自動的に作成される「HelloWorld.html」のコードを下記のようにします。
  6. <!DOCTYPE html>
    <html>
      <head>
        <meta charset="UTF-8" />
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge"/>
        <title>HelloWorld</title>
    
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../Content/Office.css" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../Content/App.css" />
    
        <script src="../Scripts/jquery-1.6.2.js"></script>
        <script src="../Scripts/Office/MicrosoftAjax.js"></script>
        <script src="../Scripts/Office/Office.js"></script>
    
        <!-- Add your JavaScript to the following file -->
        <script src="../Scripts/HelloWorld.js"></script>
      </head>
      <body>
        <div id="Content">
          <input type='button' value='OK' id="btnHelloWorld" style="margin-right: 10px; padding: 0px; width: 100px;" />
        </div>
      </body>
    </html>

  7. 自動的に作成される「HelloWorld.js」のコードを下記のようにします。
  8. // Add any initialization logic to this function.
    Office.initialize = function (reason) {
        // Checks for the DOM to load.
        $(document).ready(function () {
            $("#btnHelloWorld").click(function () { Office.context.document.setSelectedDataAsync('Hello world!!'); });
        });
    }
  9. F5キーを押してデバッグを開始するとExcelが起動します。
  10. 手順4.で記述した作業ウィンドウが表示され、「OK」ボタンをクリックすると、選択セルに「Hello world!!」と入力されます。

上記コードの通り、セルへの入力はDocumentオブジェクトのsetSelectedDataAsyncメソッドで行っています。
JavaScript API for Officeについては下記Webページが参考になるでしょう。

・JavaScript API for Office
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/apps/fp142185%28v=office.15%29
・How to: Create a Bing Maps content app for Excel in Visual Studio
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/apps/fp160962%28v=office.15%29
・How to: Create your first task pane or content app for Word and Excel by using Visual Studio
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142161%28v=office.15%29

■ 関連Webページ:

・JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(2)
//www.ka-net.org/blog/?p=2022
・JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(3)
//www.ka-net.org/blog/?p=2050

関連記事

  1. Office関連

    Office 2013で追加・変更されたコントロールID

    2013/03/25 追記:Office 2013のコントロールI…

  2. Office関連

    インストールされているアプリケーション一覧を取得するVBAマクロ

    端末にインストールされているアプリケーション名を調べる必要があったので…

  3. Office関連

    Office 2016 Preview for Windowsのサポート情報まとめ

    「Office のサポート ページ - support.office.…

  4. Office関連

    代替テキストを削除するPowerPointマクロ

    PowerPointの図やSmartArt、グループやグラフといった視…

  5. Office関連

    ブラウザで簡単にOfficeドキュメントを確認できる「Office Web ビューアー」

    @seinoro さんのツイート(下記)で知ったサービス「View O…

  6. Office関連

    Google翻訳の言語自動検出機能を追う

    「Google TTSで文字列を読み上げるマクロ」でGoogle翻訳の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP