Office アドイン

JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。

2012/11/1 追記:
Office 2013 RTMリリースに伴い、下記記事でOffice用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法について改めてまとめてみました。

・Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法
//www.ka-net.org/blog/?p=2412

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版とVisual Studio Professional 2012 RC版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

Visual Studio 2012 RCでOffice 2013用のCOMアドインを作成する。」でも紹介している「Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012」をVisual Studio 2012に導入すると、WordやExcelの作業ウィンドウアプリを作成できるようになるので、早速試してみました。

  1. Visual Studioを起動します。
  2. ※ Visual Studio起動時に「プロシージャ エントリ ポイント _Atomic_fetch_sub_4 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR110.dll から見つかりませんでした。」とのエラーが表示される場合は、このページを参考に更新プログラムを適用してください。

  3. 新規プロジェクトの作成画面で「App for Office 2013」を選択し、名前を「HelloWorld」とします。
  4. Office 用アプリの作成画面が表示されるので、「作業ウィンドウのアプリ(T):」を選択し、「Excel」にチェックを入れた後「完了」ボタンをクリックします。
  5. 自動的に作成される「HelloWorld.html」のコードを下記のようにします。
  6. <!DOCTYPE html>
    <html>
      <head>
        <meta charset="UTF-8" />
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge"/>
        <title>HelloWorld</title>
    
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../Content/Office.css" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../Content/App.css" />
    
        <script src="../Scripts/jquery-1.6.2.js"></script>
        <script src="../Scripts/Office/MicrosoftAjax.js"></script>
        <script src="../Scripts/Office/Office.js"></script>
    
        <!-- Add your JavaScript to the following file -->
        <script src="../Scripts/HelloWorld.js"></script>
      </head>
      <body>
        <div id="Content">
          <input type='button' value='OK' id="btnHelloWorld" style="margin-right: 10px; padding: 0px; width: 100px;" />
        </div>
      </body>
    </html>

  7. 自動的に作成される「HelloWorld.js」のコードを下記のようにします。
  8. // Add any initialization logic to this function.
    Office.initialize = function (reason) {
        // Checks for the DOM to load.
        $(document).ready(function () {
            $("#btnHelloWorld").click(function () { Office.context.document.setSelectedDataAsync('Hello world!!'); });
        });
    }
  9. F5キーを押してデバッグを開始するとExcelが起動します。
  10. 手順4.で記述した作業ウィンドウが表示され、「OK」ボタンをクリックすると、選択セルに「Hello world!!」と入力されます。

上記コードの通り、セルへの入力はDocumentオブジェクトのsetSelectedDataAsyncメソッドで行っています。
JavaScript API for Officeについては下記Webページが参考になるでしょう。

・JavaScript API for Office
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/apps/fp142185%28v=office.15%29
・How to: Create a Bing Maps content app for Excel in Visual Studio
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/apps/fp160962%28v=office.15%29
・How to: Create your first task pane or content app for Word and Excel by using Visual Studio
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142161%28v=office.15%29

■ 関連Webページ:

・JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(2)
//www.ka-net.org/blog/?p=2022
・JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(3)
//www.ka-net.org/blog/?p=2050

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(R)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  2. Office関連

    [VBA]桁を揃えてDebug.Printする。

    @CallMeKoheiさんのブログの記事に「Excel VBA イミ…

  3. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(X,Y,Z)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  4. Office関連

    各ページを画像に変換するWordマクロ

    Excel MVPの伊藤さんがブログで、WordのPageオブジェクト…

  5. Office関連

    インストールされているアプリケーション一覧を取得するVBAマクロ

    端末にインストールされているアプリケーション名を調べる必要があったので…

  6. Office関連

    「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら」動画公開

    PLAY! Office第三弾、「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP