Office関連

Visual Studio 2012 RCでOffice 2013用のCOMアドインを作成する。

2012/12/30 追記:
RC版ではないVisual Studio 2012にMicrosoft Office Developer Toolsを導入する記事を追加しました。
・Visual Studio 2012でOffice 2013用のCOMアドインを作成する。
//www.ka-net.org/blog/?p=2536

Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012が下記Webページで公開されていたので、早速試してみました(導入環境:Visual Studio Professional 2012 RC)。

・Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=257068

Downloads | Apps for Office and SharePoint | 2013, tools, sign up | MSDNの「Tools」から。

Developer Toolsの導入は非常に簡単で、ダウンロードしたOfficeToolsForVS2012RCPreview.3f.3f.3fnew.exeファイルを実行し、指示に従ってインストールするだけです。
(もちろん事前にVisual Studio 2012とOffice 2013をインストールしておく必要はありますが…)

※ Visual Studio起動時に「プロシージャ エントリ ポイント _Atomic_fetch_sub_4 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR110.dll から見つかりませんでした。」とのエラーが表示される場合は、このページを参考に更新プログラムを適用してください。

インストール終了後Visual Studioを起動すると、Office 2013用の各テンプレートやアドイン、ドキュメントファイルが作成できるようになっていることが確認できます。

試しにWordドキュメントを作成してみましたが、Word 2013で問題無く動作しました。

関連記事

  1. Office関連

    右クリックメニューを非表示にするExcelマクロ

    Answersに図形を右クリックしたときのメニューをマクロで非表示にし…

  2. Office関連

    「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」レビュー

    @ateitexeさんの下記ツイートで、高橋宣成氏が執筆された「Exc…

  3. Office関連

    「入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術」レビュー

    久しぶりにVBA参考書籍のレビューです。今回は沢内晴彦氏が執筆され…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]TechEd North America 2013のセッション資料

    アメリカ・ニューオリンズで現地時間6月3日から6日にかけて開催された開…

  5. Office関連

    組み込み定数を列挙するVBAマクロ

    定数の名前や値を調べたい、そんなときはTypeLib Informat…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP