Office関連

Visual Studio 2012 RCでOffice 2013用のCOMアドインを作成する。

2012/12/30 追記:
RC版ではないVisual Studio 2012にMicrosoft Office Developer Toolsを導入する記事を追加しました。
・Visual Studio 2012でOffice 2013用のCOMアドインを作成する。
//www.ka-net.org/blog/?p=2536

Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012が下記Webページで公開されていたので、早速試してみました(導入環境:Visual Studio Professional 2012 RC)。

・Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=257068

Downloads | Apps for Office and SharePoint | 2013, tools, sign up | MSDNの「Tools」から。

Developer Toolsの導入は非常に簡単で、ダウンロードしたOfficeToolsForVS2012RCPreview.3f.3f.3fnew.exeファイルを実行し、指示に従ってインストールするだけです。
(もちろん事前にVisual Studio 2012とOffice 2013をインストールしておく必要はありますが…)

※ Visual Studio起動時に「プロシージャ エントリ ポイント _Atomic_fetch_sub_4 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR110.dll から見つかりませんでした。」とのエラーが表示される場合は、このページを参考に更新プログラムを適用してください。

インストール終了後Visual Studioを起動すると、Office 2013用の各テンプレートやアドイン、ドキュメントファイルが作成できるようになっていることが確認できます。

試しにWordドキュメントを作成してみましたが、Word 2013で問題無く動作しました。

プロシージャ エントリ ポイント _Atomic_fetch_sub_4 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR110.dll から見つかりませんでした。前のページ

JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]Bing Maps for Accessの紹介

    Microsoft Download CenterでAccess向けO…

  2. Office関連

    「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら」動画公開

    PLAY! Office第三弾、「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら…

  3. Office関連

    Chrome DevTools ProtocolでEdgeを操作するVBAマクロ

    Microsoft Edgeの操作を自動化する際はWebDriverを…

  4. Office関連

    goo.glで短縮URLを取得するVBAマクロ

    何年か前にHPで「goo.glで短縮URLを取得する」マクロを紹介しま…

  5. Office関連

    Chromeアプリ版Office Onlineを使ってみました。

    「Microsoft、GoogleのChromeアプリ版Office …

  6. Office関連

    Computer Vision APIを使って画像から文字列を取得するVBAマクロ

    前々回の記事で、Fiddlerを使ってMicrosoft Cognit…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP