Office関連

Visual Studio 2012でOffice 2013用のCOMアドインを作成する。

2013/03/06 追記:
Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012(RTW)がリリースされました。

・Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012
https://www.microsoft.com/web/handlers/WebPI.ashx/getinstaller/OfficeToolsForVS2012RTW.appids

Visual Studio 2012 RCでOffice 2013用のCOMアドインを作成する。」でVisual Studio Professional 2012 RCに「Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012」を導入してOffice 2013用のCOMアドインを作成する手順について紹介しましたが、今回はMicrosoft Visual Studio Premium 2012でOffice 2013用のCOMアドインを作成してみます。

Announcing the Latest Release of Office Developer Tools」にも記載されているように、「Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012 – Preview 2」が下記URLからダウンロードできます。

・Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012 – Preview 2
https://www.microsoft.com/web/handlers/WebPI.ashx/getinstaller/OfficeToolsForVS2012GA.appids

ダウンロードしたOfficeToolsForVS2012GA.exeを実行しDeveloper Toolsをインストールすると、Visual StudioからOffice 2013用の各テンプレートやアドイン、ドキュメントファイルが作成できるようになっていることが確認できます。

Excel用のアドインを作成してみましたが、問題なく動作しました。

関連記事

  1. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]dynamicMenu要素から任意のマクロを実行する。

    HPのお問い合わせフォームから下記の質問がありました。「メニュ…

  2. Office アドイン

    Office 用アプリはソースコードが丸見え!?

    サーバーサイドの処理はともかくとして、Officeドキュメントにアクセ…

  3. Office関連

    Locationヘッダの情報を取得するVBAマクロ

    通常、下記のようなリダイレクトされるWebページを開いたとき、…

  4. Office関連

    Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

    「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って…

  5. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]ActiveWorkbookのシート数を取得す…

    埋め込んだExcelワークブックのシート数を取得するコードです。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP