Microsoft Graph

「30 Days of Microsoft Graph」の紹介

11月1日からMicrosoft Graphについて毎日紹介する、アドベントカレンダーのような企画「30 Days of Microsoft Graph」が始まりました。担当するのはMicrosoftの中の人やMicrosoft MVP、豪華な執筆陣です。

Graphについての事前知識は不要で、初心者向けのコンテンツ、そして演習が用意されるようです。
演習内容はGitHub(https://github.com/microsoftgraph/30DaysMSGraph-TryItOut)で公開されるので、これを追いかけていくとGraphについての知識が深まる!、そんな企画みたいです。

用意するもの

演習を行う上で、下記ツールを事前に準備しておくことが勧められていました。

  1. Postman
  2. Visual Studio Code
  3. Office 365テナント

PostmanにVisual Studio Code、Web APIのテストでよく使うツールですね。
Office 365環境をお持ちでない方には、「Office 365 開発者プログラム」がオススメです。

まだ始まったばかりで、これからどのような内容を取り扱っていくのかは分かりませんが、Day 0やDay 1を見る限り、Microsoft Graphに振れたことが無い人向けのコンテンツになっているので、“これからMicrosoft Graphの勉強をしてみよう!”という方にはオススメです。

ただ、内容はすべて英語になっているので、その点だけはご注意ください。

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]メールアプリの配置方法

    OutlookやOutlook Web App上で動作するメールアプリ…

  2. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(3)

    前々回の記事でOffice 365とAzure ADの紐づけを、前回の…

  3. Office関連

    Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しま…

    Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Micros…

  4. Office関連

    Excel REST APIをVBAから呼び出す方法

    「Microsoft GraphをVBAから呼び出してOneNoteの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP