Microsoft Graph

「30 Days of Microsoft Graph」の紹介

11月1日からMicrosoft Graphについて毎日紹介する、アドベントカレンダーのような企画「30 Days of Microsoft Graph」が始まりました。担当するのはMicrosoftの中の人やMicrosoft MVP、豪華な執筆陣です。

Graphについての事前知識は不要で、初心者向けのコンテンツ、そして演習が用意されるようです。
演習内容はGitHub(https://github.com/microsoftgraph/30DaysMSGraph-TryItOut)で公開されるので、これを追いかけていくとGraphについての知識が深まる!、そんな企画みたいです。

用意するもの

演習を行う上で、下記ツールを事前に準備しておくことが勧められていました。

  1. Postman
  2. Visual Studio Code
  3. Office 365テナント

PostmanにVisual Studio Code、Web APIのテストでよく使うツールですね。
Office 365環境をお持ちでない方には、「Office 365 開発者プログラム」がオススメです。

まだ始まったばかりで、これからどのような内容を取り扱っていくのかは分かりませんが、Day 0やDay 1を見る限り、Microsoft Graphに振れたことが無い人向けのコンテンツになっているので、“これからMicrosoft Graphの勉強をしてみよう!”という方にはオススメです。

ただ、内容はすべて英語になっているので、その点だけはご注意ください。

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(A)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  2. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(2)

    前回の記事ではOffice 365とAzure ADの紐づけを行いまし…

  3. Office関連

    OfficeのコマンドID(コントロールID)リストがGitHubで公開されました。

    前回の記事でも触れていますが、メインストリームサポート期間内のOffi…

  4. Office Scripts

    Office Scripts機能によってWeb版Officeの操作を自動化する

    前回、Ignite 2019で発表されたPower Automate(…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP