Office関連

受信メールに対して自動的に返信するOutlookマクロ

Outlook VBA 自動返信」といったキーワード検索でのアクセスがあったので、ApplicationオブジェクトのNewMailExイベントを使った簡単な処理を考えてみました。

※ 下記コードは「ThisOutlookSession」に記述

Option Explicit

Private Sub Application_NewMailEx(ByVal EntryIDCollection As String)
  Dim itm As Object
  Dim msg As String
  
  Set itm = Application.Session.GetItemFromID(EntryIDCollection)
  If LCase(TypeName(itm)) = "mailitem" Then
    With itm.ReplyAll
      msg = itm.SenderName & "( " & itm.SenderEmailAddress & " )様" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "ご連絡いただきありがとうございました。" & vbCrLf & _
            "受付登録完了いたしました。" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "--------------------" & vbCrLf & .Body
      .Body = msg
      .Send
    End With
  End If
End Sub

大抵のサーバーにはVacation(AutoReply)機能がありますし、Outlookでも標準機能で対応できるため、中々マクロを使う機会は無いかもしれませんが、マクロだと自由度は高いので、たとえばメール受信時に添付ファイルを印刷したり、メール内容を自動的にDBに登録したり、といったこともできます。

関連記事

  1. Office関連

    覚えていますか?ISHとLHA、パソコン通信の思い出

    この記事のアイキャッチ画像、文字化けしているわけではないですよ。画…

  2. Office関連

    Google スライドで新規プレゼンテーションを作成するVBAマクロ

    ここ数日PowerPointのマクロに加え、Google Apps S…

  3. Office関連

    Evernote Cloud SDKを使ったVBAマクロ

    3年ほど前にEvernote for Windowsを操作するVBAマ…

  4. Office関連

    指定したセル範囲をUTF-8やEUC-JP等のテキストファイルとして出力するExcelアドイン

    以前この記事で、指定したセル範囲をUTF-8やEUC-JP等のテキスト…

  5. Office関連

    フォルダ(サブフォルダ含む)内の特定の拡張子のファイルに処理を行うVBAマクロ

    「Wordマクロ サブフォルダ ファイル処理」といったキーワードでのア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 04日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP