Office関連

受信メールに対して自動的に返信するOutlookマクロ

Outlook VBA 自動返信」といったキーワード検索でのアクセスがあったので、ApplicationオブジェクトのNewMailExイベントを使った簡単な処理を考えてみました。

※ 下記コードは「ThisOutlookSession」に記述

Option Explicit

Private Sub Application_NewMailEx(ByVal EntryIDCollection As String)
  Dim itm As Object
  Dim msg As String
  
  Set itm = Application.Session.GetItemFromID(EntryIDCollection)
  If LCase(TypeName(itm)) = "mailitem" Then
    With itm.ReplyAll
      msg = itm.SenderName & "( " & itm.SenderEmailAddress & " )様" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "ご連絡いただきありがとうございました。" & vbCrLf & _
            "受付登録完了いたしました。" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "--------------------" & vbCrLf & .Body
      .Body = msg
      .Send
    End With
  End If
End Sub

大抵のサーバーにはVacation(AutoReply)機能がありますし、Outlookでも標準機能で対応できるため、中々マクロを使う機会は無いかもしれませんが、マクロだと自由度は高いので、たとえばメール受信時に添付ファイルを印刷したり、メール内容を自動的にDBに登録したり、といったこともできます。

GetSpellingSuggestionsメソッドで文法上の誤りの修正候補は取得できない?前のページ

Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

  2. Office関連

    覚えていますか?ISHとLHA、パソコン通信の思い出

    この記事のアイキャッチ画像、文字化けしているわけではないですよ。画…

  3. Office関連

    コンテンツコントロールに外部XMLのデータをマップするWordマクロ

    Word 2007で追加された機能「コンテンツコントロール」を使うと外…

  4. Office関連

    PowerShellからNetOfficeを使ってWordやPowerPointを操作する方法

    前回の記事関連で、WordやPowerPointもドンとこいで…

  5. Office関連

    「DQNネーム辞書」を更新しました。

    前のブログで公開していたIME 2010用の「DQNネーム辞書」を更新…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 04日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP