Office関連

受信メールに対して自動的に返信するOutlookマクロ

Outlook VBA 自動返信」といったキーワード検索でのアクセスがあったので、ApplicationオブジェクトのNewMailExイベントを使った簡単な処理を考えてみました。

※ 下記コードは「ThisOutlookSession」に記述

Option Explicit

Private Sub Application_NewMailEx(ByVal EntryIDCollection As String)
  Dim itm As Object
  Dim msg As String
  
  Set itm = Application.Session.GetItemFromID(EntryIDCollection)
  If LCase(TypeName(itm)) = "mailitem" Then
    With itm.ReplyAll
      msg = itm.SenderName & "( " & itm.SenderEmailAddress & " )様" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "ご連絡いただきありがとうございました。" & vbCrLf & _
            "受付登録完了いたしました。" & vbCrLf & vbCrLf & _
            "--------------------" & vbCrLf & .Body
      .Body = msg
      .Send
    End With
  End If
End Sub

大抵のサーバーにはVacation(AutoReply)機能がありますし、Outlookでも標準機能で対応できるため、中々マクロを使う機会は無いかもしれませんが、マクロだと自由度は高いので、たとえばメール受信時に添付ファイルを印刷したり、メール内容を自動的にDBに登録したり、といったこともできます。

関連記事

  1. Office関連

    PDFファイルにヘッダーとフッターを追加するVBAマクロ

    mougに“マクロで既存のPDFファイルのフッターを操作(追加)したい…

  2. Office関連

    Google Docs APIを使ってGoogle ドキュメントを操作するVBAマクロ

    前回の記事で新しく追加されたGoogle Docs APIを紹介しまし…

  3. Office関連

    VBAでTTSエンジンの各種情報を列挙する

    今回はTTSエンジンの各種情報を列挙するマクロを紹介します。Mic…

  4. Office関連

    VBAを学ぶときの参考資料

    知人から「Excelのマクロを勉強したいんだけど、どうやって勉強したら…

  5. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(M)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 04日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP