Google関連

[Google Apps Script]スプレッドシートで不要な空白文字を削除する

スプレッドシートでは、「データ」メニューにある「空白文字を削除」を実行すると、不要な空白文字(スペース、タブ、改行など)が削除され、連続する空白文字も単一の空白文字に変換されます。

この処理をApps Scriptで行う場合、下記のようなコードになります。

function myFunction() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var rng = sheet.getRange("A1:A5");
  rng.trimWhitespace();
}

Range.trimWhitespaceメソッド、あるいはRangeList.trimWhitespaceメソッドを使う形ですね。

文字列を整形する際には役立つ処理ですので、皆さんも是非お使いください。

指定したAccessファイルで「データベースの最適化/修復」を実行するVBAマクロ前のページ

【2019年8月版】Adobe Readerを利用してPDFファイルのページ数を取得するVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートのセル範囲に指定した値が含まれているかを判定…

    先日、もり(@moripro3)さんから、「スプレッドシートの二次元配…

  2. 情シス

    [Google Apps Script]メールをemlとして保存する

    今回の記事は「情シスSlack Advent Calendar 201…

  3. Office関連

    Outlookを使ってGmail送信を行うVBAマクロ

    下記G Suite アップデート ブログにある通り、今年の6月には“安…

  4. Office関連

    Google Docs APIを使ってGoogle ドキュメントを操作するVBAマクロ

    前回の記事で新しく追加されたGoogle Docs APIを紹介しまし…

  5. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(2)

    前回の記事でGmail APIを使ってメールを送信するVBAマクロを紹…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP