Office Scripts

[Office Scripts]Power Automateのフローでパラメーターの受け渡しを行う方法

下記記事でも書いていますが、Power Automateのフローでパラメーターを指定してスクリプトを実行したいと常々思っていました。

先日のBuild 2020の下記セッションでようやくパラメーターの受け渡し方法が判明。

さっそく試してみました。

Power Automateから実行するスクリプト

名前と年齢を受け取って文字列を加えて返すだけのスクリプトなので、Excelの機能をまったく活かせていませんが、単なるテストなのでこれで良しとします。

上記コードの通り、“引数と戻り値を指定する”、これだけでフローでパラメーターの受け渡しができるようになりました。

Office Scriptsのスクリプトにパラメーターの受け渡しを行うPower Automateフロー

フローは下図の通りで、

  1. スクリプトにパラメーター(名前と年齢)を渡す。
  2. スクリプト側で処理実行、文字列を追加して返す。
  3. 受け取った文字列をTeamsに投稿する。

これだけ↑の処理を行う簡単なフローです。

上図の通り、スクリプトのmain関数に引数を指定しておくと、パラメーターが受け取れるようになります。

実行結果

実行結果は下図の通りです。

以上のように、Office ScriptsとPower Automateの連携が取れることが確認できました。

Power Automateから何か値を渡してExcelで加工、結果をフローで別のサービスに渡す、いろいろな使い方が出来そうです。

参考Webサイト

関連記事

VS Code向けのOffice アドイン用デバッガーを試してみました。前のページ

Windows 10 May 2020 UpdateをISO形式でダウンロードして実機にインストールしてみました。次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

    Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、また…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]ワークシート関数を実行しようとして失敗した話

    下記記事でも紹介していますが、Office アドインではワークシート関…

  3. Office アドイン

    Office Scripts機能によってWeb版Officeの操作を自動化する

    前回、Ignite 2019で発表されたPower Automate(…

  4. Office アドイン

    Office Scripts機能によってWeb版Excelで操作の記録ができるようになりました。

    昨年からずっと待ち続けていた「Office Scripts」機能、つい…

  5. Power Automate

    [Power Automate]UIフローで指定したパスのアプリケーションを実行しようと試行錯誤した…

    ここ最近のブログ記事をご覧いただくと分かる通り、Power Autom…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP