Power Automate Desktop

[Power Automate Desktop]SOAP Web サービスを呼び出すアクションを試してみました。

Power Automate Desktop(PAD)の2021年9月の更新プログラム(バージョン 2.13.138.21255)がリリースされ、「SOAP Web サービスを呼び出す」アクションが追加されたのでさっそく試してみました。

アクションの設定画面は下図の通りで、「要求をビルドする」ボタンをクリックします。

パラメーターの選択画面が表示され、ここでWSDLを指定できるようなので今回は下記のAPIでテストすることにします。

「WSDL」パラメーターとして下記URIを指定し、「インポート」ボタンをクリックすると、自動的にサービスが読み込まれました。

http://webservices.oorsprong.org/websamples.countryinfo/CountryInfoService.wso?WSDL

今回は「ListOfCountryNamesByName」で動作確認するため、「エンベロープを要求する」パラメーターで下記XMLを指定します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Body>
    <ListOfCountryNamesByName xmlns="http://www.oorsprong.org/websamples.countryinfo">
    </ListOfCountryNamesByName>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

「OK」ボタンをクリックすると元の画面に戻り、リクエストに必要なパラメーターが入力されていることが確認できます。

そのまま「保存」ボタンをクリックし、フローを実行すると、無事にAPIが実行されることが確認できました。

個人的にはSOAPのAPIを使う機会なんてここ何年も無いので、今回アクションが追加されたのは意外でした。

「はじめてのPower Automate Desktop」レビュー前のページ

[Power Automate Desktop]オートメーション ブラウザーとは?次のページ

関連記事

  1. Power Automate Desktop

    [Power Automate Desktop]OCR(Computer Vision)アクションを…

    先週の金曜日に開催されたRPA勉強会に参加し、PADとAI-OCRのデ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP