Google関連

[Google Apps Script]Utilities.parseDateメソッドで文字列から日付に変換する

Google Apps ScriptのUtilitiesクラスに、Java SEのSimpleDateFormatクラスの仕様にしたがって指定した文字列を日付型に変換する「parseDate」メソッドが追加されました。

使い方は上記リファレンスにある通り、日付として解析する文字列値と出力タイムゾーン、SimpleDateFormatクラスの仕様に従った日付形式をパラメーターとして実行することで、日付型の値が返されます。

// This set of parameters parses the given string as a date in Greenwich Mean Time, formatted
// as year-month-dateThour-minute-second.
var date = Utilities.parseDate("1970-01-01 00:00:00", "GMT", "yyyy-MM-dd' 'HH:mm:ss");
Logger.log(date);

https://developers.google.com/apps-script/reference/utilities/utilities#parsedatedate,-timezone,-format より

これまで文字列から日付に変換する際は下記のようにDateクラスのコンストラクタで渡すことが多かったのではないかと思いますが、例えば全角文字が含まれる文字列のように変換できない場合は処理が失敗していました。

function myFunction() {
  const str = '2022/12/31 12:34:56';
  console.log(new Date(str)); //Invalid Date
  console.log(Utilities.parseDate(str, 'JST', 'yyyy/MM/dd HH:mm:ss')); //Sat Dec 31 2022 12:34:56 GMT+0900 (Japan Standard Time)
}

parseDateメソッドを使うことで意図した通りに変換できるため、今回の機能追加は地味ながらも非常に役立つアップデートだと思います。

[Power Automate for desktop]Excelでセルを結合する方法前のページ

ジャパンバードフェスティバル2022に行ってきたよ。次のページ

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]メールからMessage-IDヘッダーを取得する

    はけた(@excelspeedup)氏のツイートで、GASでメールのM…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]Webアプリケーションを作成する。

    Google Apps Scriptではスプレッドシートや文書上で動く…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]箇条書きと番号付きリストを設定する

    Google スライドでは、段落に対して箇条書きと番号付きリストを設定…

  4. Office関連

    CDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロ(UTF-8対応版)

    2年ほど前にCDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロについて記事…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]マクロの記録のショートカット情報の保存先

    Google スプレッドシートには、Web版ExcelのOffice …

  6. Google関連

    [Google Apps Script]メニューの追加と確認ダイアログの表示

    Google Apps Scriptで新規メニューを追加し、メニューか…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP