リボン関連

続・Office Ribbon Editorがダウンロード出来ない?

Office Ribbon Editorがダウンロード出来ない?」でも書いた通り、リボンをカスタマイズするためのツール「Office Ribbon Editor」が、ここ数ヶ月オフィシャルサイトからダウンロードできなくなっていました。

オフィシャルサイトのドメインの期限切れが原因だったのですが、先日作者の方からメッセージをいただき、新たなドメインに移行(brazucanetからのrebranding)されたことを知りました。
下記が新しいオフィシャルサイトです。

LeafCreations
http://www.leafcreations.org/

Office Ribbon Editorももちろん公開されていて、Changelogを見るとバージョン2系統(Office Ribbon EditorはOffice 2007用のバージョン2系統とOffice 2010にも対応したバージョン3系統があります)が2.6.0までアップデートされていました。

これまで公開されていたバージョン2.2.9以降の変更点は下記の通りです。

Version 2.6.0:

* Added: Re-design of the menu bar to accomodate new functionality
* Added: Search Menu: Find, Find Next, Find Previous, Incremental Search, Go To, Bookmarks
* Added: View Menu: Zoom In, Zoom Out, Zoom Reset, Fold All, Unfold All, Collapse current Level, Uncollapse Current Level, Toggle Fullscreen
* Added: Tools > Options

Version 2.5.0:

* Added: Help > Report a Bug.
* Added: Autocomplete list now contains images describing the xml type.
* Fixed: About window copyright info and component list.
* Fixed: Layout changed to mimic version 3.0.0.
* Fixed: Pressing F2 on a selected image allows the id to be edited.

Version 2.4.1:

* Fixed: Help > Check for Updates now points to the new website.
* Fixed: Minor bugs to Installer.

Version 2.4.0:

* Added: New code editor control from ScintillaNET.
* Updated: FatCow iconset.

Version 2.3.0:

* Updated: Links to new website.
* Updated: New iconset from FatCow.

実際に使用してみて、大きく変わったと思うのはコードエディタがScintillaNETになって、簡単なインテリセンス機能も使えるようになったことです。

親要素・子要素の関係がバラバラだったりと、完璧なコード補完とは言えませんが非常に便利な機能です。
(より充実したインテリセンス機能を利用したい場合には、「SharpDevelopでリボンXMLを編集する」でも紹介している”SharpDevelop“の使用をお薦めします。)

それ以外にも検索メニューやコードの拡大・縮小機能等、細かい点が強化されていて、非常に使いやすくなっています。

もちろん日本語も使用でき、これまでのバージョンにあった”日本語を入力すると重なって入力される“不具合も解消されています。

今まで以上に便利になったOffice Ribbon Editor、皆様も是非お試しください。
ソフト本体はバージョン2系統3系統ともに、「Office Ribbon Editor」からダウンロードすることができます。
すでにOffice Ribbon Editorがインストールされている場合でも、新しいバージョンのインストールファイルを実行すれば、自動的に新しいバージョンへと更新されます。

2011/11/02 追記:
バージョン2.7.0が公開されました。
いくつかの変更点はあるのですが、一番大きな変更はimageMso属性のインテリセンスが効くようになったことです。

オプション画面から”Include imageMso List“にチェックを入れることで、imageMso属性のインテリセンスが有効になります。

ただしWindows 7でOffice Ribbon Editorを使用している場合(恐らくVistaも同様)、管理者権限で実行しておかないと”Include imageMso List“のチェックを反映させる際にエラーが発生しますのでご注意ください。

2011/11/03 追記:
バージョン2.7.1で早速修正してくださいました。
2.7.0ではエラーが発生しましたが、2.7.1ではエラーが発生しません。2.7.0をお使いの方はバージョンアップすることをお薦めします。

[Windows 8]スタートスクリーンに背景画像を設定する。前のページ

テキストボックス等Shapeオブジェクトのテキストのみを置換するWordマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Office XP Developer Toolsでリボン対応のCOMアドインを作成する。

    「Visual Basic 6でリボン対応のアドインを作成する」ではV…

  2. Office関連

    OfficeのコマンドID(コントロールID)リストがGitHubで公開されました。

    前回の記事でも触れていますが、メインストリームサポート期間内のOffi…

  3. リボン関連

    Office Ribbon Editorはウィルス?

    私のHP「Office Ribbon Editorの紹介」でも紹介して…

  4. Office関連

    右クリックから図形の配置 for Office 2013

    HPの掲示板に"右クリックから「配置」を実行できないか?"という質問が…

  5. Office関連

    シート見出しの右クリックメニューから「コードの表示」を消す方法

    いつもお世話になっている「インストラクターのネタ帳」の管理人である伊藤…

コメント

    • standard-software
    • 2017年 10月 19日

    またダウンロードできなくなっているようです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP