Office関連

Office 2019のインストール方法

下記ニュースサイトにある通り、永続ライセンス版のOffice 2019がリリースされました。

現時点で最新のナンバリングタイトルとはいえ、Office 2019に搭載された機能は、サブスクリプション版のOffice 365ではすでにリリースされたものであり、今後も365のように次々と新しい機能が追加されることはありません。

Office 2019は、あくまでも“クラウドに接続できず、定期的にアップデートできないユーザー向け”の製品で、Windows 10でいうところのLTSC的な位置づけだと思えばイメージしやすいかもしれません。

Office 2019 is separate from Office that’s available through Office 365 plans. For example, if you’ve deployed Office 365 ProPlus to the users in your organization, you don’t need Office 2019. You already have all the features, and many more, that are included in Office 2019.

Office 2019 includes some, but not all, features that are available in versions of Office that come with an Office 365 subscription plan.

https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/office2019/overview より

以前Commercial Previewがリリースされたときも試してみましたが(下記記事参照)、今回も、製品版がどのようなインストール手順になるのか、実際に確認してみます。

Office Standard 2019のインストール方法

今回はボリュームライセンス版のOffice Standard 2019をインストールします。
Office 2019は、Windows 7や8.1をサポートしていませんので、インストールする際は、事前にシステム要件を確認してください。

  1. Office 展開ツール(Office Deployment Tool)をダウンロードし、適当なフォルダにインストールします。
  2. メモ帳などのテキストエディタで、下記のような構成ファイル(configuration.xml)を作成し、展開ツールと同じフォルダに保存します。各要素や属性の説明は「導入 Office 2019 (IT プロフェッショナル向け)」や「Office 展開ツールのオプションの構成」をご参照ください。ちなみに、Add要素のChannel属性の値を「Broad」や「Monthly」にしたところ、エラーが発生してインストールできなかったため、「PerpetualVL2019」を指定しています。
  3. <Configuration>
      <Add OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
        <Product ID="Standard2019Volume" PIDKEY="XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX">
          <Language ID="ja-jp" />
        </Product>
      </Add>
    </Configuration>
  4. 手順1.でインストールした展開ツール(setup.exe)を、下記のように「configure」オプションで手順2.の構成ファイルを指定して実行します。
  5. setup /configure configuration.xml

  6. 自動的にファイルのダウンロードとインストールが行われます。

インストール完了後、Officeアプリケーションを起動すると、ちゃんとOffice 2019としてライセンス認証できました。

見た目はOffice 2016とほぼ同じで、ApplicationオブジェクトのVersionプロパティも2016と同じ「16.0」になっていました。

Office Standard 2019の画面

参考までにWord、Excel、PowerPointのキャプチャーを載せておきます。

これまでのOfficeは、最新のバージョン = 最新機能が搭載されたバージョンというイメージでしたが、Office 2019ではその印象が大きく変わりました。

製品名に「2019」という新しい年数が入っていたとしても、搭載されている機能が最新とは限りません。常にOfficeの新しい機能を利用したいユーザーは、Office 365を使う必要があるのです。

この記事には、今後もオンプレミス版のOfficeを提供するとありますが、Office 2019からは価格も上がりサポート期間も短くなっています。
サブスクリプションモデルへの移行を強く進めたいMicrosoftの意向がよく現れていると思います。

関連記事

  1. Office関連

    徹底的にSymbol(シンボル)フォントをチェックするWordマクロ

    文字列をメモ帳にコピー&ペーストすると文字化けしたり、フォント指定で検…

  2. Office関連

    ページ毎に処理を行うWordマクロ

    Wordのマクロで「ページ毎に○○したい」という要望があったので、簡単…

  3. Excel

    Office クリップボードをマクロで操作する(MSAA)

    MSDNフォーラムに質問がありましたが、Office クリップボードを…

  4. Excel

    「EXCEL VBA 業務自動化 仕事の効率を劇的に上げるノウハウ」レビュー

    ※ 下記レビューはあくまでも個人的な感想です。2015年4…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP