Office Scripts

[Office Scripts]スクリプトを共有する方法

Office Scriptsは、作成したスクリプトを組織内で他のユーザーと共有できます。

スクリプトの共有・解除方法

  1. コードエディターの「…」(その他のオプション)ボタンから「スクリプトの詳細」をクリックします。
  2. このブックで他のユーザーと共有する」チェックを「はい」にします。
  3. スクリプトファイル(osts)が自動的に共有設定されます。
  4. ただし、ブックは自動的に共有されないので「共有」メニューから共有設定を行います。このとき、「編集を許可する」にチェックを入れ、他のユーザーがブックを編集できるようにします。
  5. 編集する権限が無いと、ブックを開いても「自動化」タブ内のコマンドが無効になっており、スクリプトを実行できません。
  6. 他のユーザーがブックを開くと、スクリプトエディターの「作業中のブック」に、共有されたスクリプトが表示されます。
  7. 実行」ボタンをクリックします。
  8. スクリプトの初回実行時は「実行のアクセス許可」ダイアログが表示されるので、「許可」ボタンをクリックします。
  9. スクリプトが実行されます。
  10. 手順2.の「このブックで他のユーザーと共有する」をオフにすることで、共有を解除できます。

以上のように、スクリプトを共有することで、作成者でなくてもスクリプトを実行できるようになり、作業の効率化を図ることができます。

ただし、スクリプトの共有は組織内でのみ行うことができ、外部ユーザーと共有することはできません。

また、2020年7月時点では、スクリプトの所有者でなくても共有を解除(手順10.)できてしまうのですが、その点は今後改善されるのではないかと思います。

参考Webサイト

関連記事

表示モードを変更するPowerPointマクロ前のページ

[Office Scripts]外部APIを呼び出す方法次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]画像を追加する方法

    Office Scriptsでは、下記コードの通り(Worksheet…

  2. Office アドイン

    Global Microsoft 365 Developer Bootcamp 2020 TOKYO…

    2020年11月9日(月)と10日(火)の二日間、Microsoft …

  3. Office Scripts

    [Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

    Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、また…

  4. Office Scripts

    Project Oakdaleのテーブルに5000件のデータをインポートしてみました。

    前回の記事の続きです。前回、Power Automateを使っ…

  5. Office Scripts

    Office Scriptsの要件と制限

    いまさらですが、Office Scriptsのシステム要件や制限事項に…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP