Office Scripts

Office ScriptsとPower Automateで簡単なメールアーカイブを作る方法

下記記事でも書いている通り、Office ScriptsのスクリプトはPower Automateのフローに組み込むことができます。

今回はOffice ScriptsとPower Automateの連携によって、簡単なメールアーカイブを作成する方法を紹介します。

下準備

まずはメールの情報を溜めておくためのExcelファイルを用意します。

  1. シート名:Mail
  2. A列:送信日時
  3. B列:件名
  4. C列:差出人
  5. D列:宛先
  6. E列:CC
  7. F列:BCC
  8. G列:本文
  9. テーブル名:tblMail

ファイルはOneDrive上の適当なフォルダに保存してください。

実行するスクリプト

ファイルの準備ができたら、次は実行するスクリプトを作成します。
下記の通り、(Table).addRowメソッドで行を追加するだけの簡単なコードです。

Power Automateフロー

スクリプトの用意ができたら、最後にフローを作成します。

今回は「新しいメールが届いたとき (V3)」コネクタを使って、Outlookのメールアドレス宛にメールが届いたときにスクリプトが実行されるようにしました。

実行結果

実行結果は下図の通りで、Excelファイルに受信したメールの情報が蓄積されていることが確認できます。

データベースという点ではCDSを使った方が良いのですが、Excelにはデータを加工しやすいというメリットもあります。

上記程度の構成であれば、スクリプトの作成含めて30分もあれば作成できますので、興味がある方は是非一度お試しください。

関連記事

[Office Scripts]オートフィルタを設定する方法前のページ

QwiklabsでGoogle Cloud Platformを体験しました。次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    VS CodeでOffice Scripts開発を行う

    Office Scriptsの兄貴的存在Office アドインでは、下…

  2. Office Scripts

    Project Oakdaleのテーブルに5000件のデータをインポートしてみました。

    前回の記事の続きです。前回、Power Automateを使っ…

  3. Office Scripts

    Office Scripts(Office スクリプト)の記事まとめ

    当ブログの「Office Scripts」関連の記事をまとめてみました…

  4. Office Scripts

    Office Scriptsの要件と制限

    いまさらですが、Office Scriptsのシステム要件や制限事項に…

  5. Office Scripts

    [Office Scripts]テーブルを追加する方法

    今回は、Office Scriptsのスクリプトでテーブルを作成する方…

  6. Office Scripts

    Office Scriptsってどんな機能?

    昨年の11月、Ignite 2019で発表されたオンライン版Excel…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP