Office Scripts

[Office Scripts]オートフィルタを設定する方法

今回は、Office Scriptsでテーブルのオートフィルタを設定する方法を紹介します。

Office Scriptsでは、(Table).getAutoFilterメソッドで取得できるAutoFilterオブジェクトのapplyメソッドによって、オートフィルタを設定できます。

applyメソッドの第一引数はオートフィルタが適用されるセル範囲、第二引数はフィルタが適用される列インデックス(0スタート)、第三引数でフィルタ条件(FilterCriteria)を指定します。

上記コードを実行すると、追加したテーブルの1列目の値が「スイカ」の行のみが表示されます。

また、下記コードのようにユーザー設定のフィルタを適用することもできます。

フィルタ条件の書き方はVBAによく似ていますね。

関連記事

Office Scriptsの要件と制限前のページ

Office ScriptsとPower Automateで簡単なメールアーカイブを作る方法次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]グラフを作成する方法

    今回は、Office Scriptsのスクリプトでグラフを作成する方法…

  2. Office Scripts

    Office Scriptsってどんな機能?

    昨年の11月、Ignite 2019で発表されたオンライン版Excel…

  3. Office Scripts

    VS CodeでOffice Scripts開発を行う

    Office Scriptsの兄貴的存在Office アドインでは、下…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]Power AutomateでOneDriveにファイルがアップされ…

    下記記事でも書いている通り、Power AutomateにはOffic…

  5. Office Scripts

    [Office Scripts]列を指定してデータが入っているセル範囲の最後のセルを取得する方法

    Excelの処理を自動化する際、データが入っているセル範囲の中の最後の…

  6. Office Scripts

    Office Scriptsの要件と制限

    いまさらですが、Office Scriptsのシステム要件や制限事項に…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP