Office Scripts

Office Scriptsの要件と制限

いまさらですが、Office Scriptsのシステム要件や制限事項についてまとめておきます。
(「Office Scriptsの概要」にもありますが、2020年8月時点では、Office Scriptsはまだプレビュー版です。今後仕様が変更される可能性がありますので、その点はご注意ください。)

利用できるプラン

Office Scriptsを利用するには、下記プランのライセンスが必要です。

  • Microsoft 365 Apps for business(旧称:Office 365 Business)
  • Microsoft 365 Business Standard(旧称:Office 365 Business Premium)
  • Microsoft 365 Apps for enterprise(旧称:Office 365 ProPlus)
  • Microsoft 365 Apps for enterprise デバイスライセンス
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5
  • Office 365 A3
  • Office 365 A5

https://support.microsoft.com/ja-jp/office/19d3c51a-6ca2-40ab-978d-60fa49554dcf より

利用できるブラウザー

Office Scriptsは、Web版のOfficeをサポートする全てのブラウザー(「Web 用 Office で動作するブラウザー」参照)で動作しますが、一部のJavaScript機能はInternet Explorer 11ではサポートされていません。
Microsoft EdgeGoogle Chromeといった、モダンなブラウザーでの利用を推奨します。

また、Web版のExcelで「自動化」タブを表示するには、サードパーティクッキーを有効にする必要があります。
Office Scriptsを有効にしてもタブが表示されない場合は、一度ブラウザーの設定をご確認ください。

データ制限

一度に転送できるExcelのデータ量と、実行できるPower Automateのトランザクション数には、下記のような制限があります。

Excel
  • リクエストとレスポンスは5MBまで
  • セル範囲(Range)は500万セルまで

大きなデータセットを扱う際にエラーが発生する場合は、上記制限に引っかかっていないか、確認した方が良いでしょう。

Power Automate
  • Power AutomateでOffice Scriptsを使用する場合、1日あたりの呼び出しは200回まで(※この制限は 12:00 AM UTC にリセットされます)

Power Automate自体の制限については、下記サイトをご参照ください。

参考Webサイト

関連記事

VS CodeでOffice Scripts開発を行う前のページ

[Office Scripts]オートフィルタを設定する方法次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]シート上のすべての図形に対して処理を行う方法

    Office Scriptsでは、下記コードの通り(Worksheet…

  2. Office Scripts

    VS CodeでOffice Scripts開発を行う

    Office Scriptsの兄貴的存在Office アドインでは、下…

  3. Office Scripts

    [Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

    Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、また…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateからスクリプトを実行する

    下記Webサイトにある通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  5. Office Scripts

    [Office Scripts]押さえておきたい基本的なポイント

    Office Scriptsでコードを書くにあたり、ハマりそうなポイン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP