Office Scripts

[Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、または保護の解除ができます。

  1. (Worksheet).getProtectionメソッドでWorksheetProtectionオブジェクトを取得
  2. (WorksheetProtection).getProtectedメソッドでシートが保護されているかどうかを判定
  3. (WorksheetProtection).protectメソッドでシートを保護、(WorksheetProtection).unprotectメソッドで保護を解除

protectメソッドで保護を行う際、(WorksheetProtection).getOptionsメソッドで取得できるWorksheetProtectionOptionsオブジェクトの各プロパティによって、ユーザーに許可する操作を設定できます。

セル選択の設定を行うselectionModeの値については、下記ProtectionSelectionModeの説明をご参照ください。

下記コードでは、オートフィルターの使用のみを許可しています。

関連記事

[Office Scripts]ヘッダーとフッターを設定する方法前のページ

【感想】通学生日記次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    Office ScriptsとPower Automateで簡単なメールアーカイブを作る方法

    下記記事でも書いている通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  2. Office Scripts

    Project Oakdaleのテーブルに5000件のデータをインポートしてみました。

    前回の記事の続きです。前回、Power Automateを使っ…

  3. Office Scripts

    [Office Scripts]ワークシート関数を実行しようとして失敗した話

    下記記事でも紹介していますが、Office アドインではワークシート関…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]ウィンドウ枠の固定と解除を行う方法

    今回は、Office Scriptsでウィンドウ枠の固定と解除を行う方…

  5. Office Scripts

    Visual Studio Code for Office Scriptsの紹介

    インストール要らずで利用できるWeb用Visual Studio Co…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP