Office Scripts

[Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、または保護の解除ができます。

  1. (Worksheet).getProtectionメソッドでWorksheetProtectionオブジェクトを取得
  2. (WorksheetProtection).getProtectedメソッドでシートが保護されているかどうかを判定
  3. (WorksheetProtection).protectメソッドでシートを保護、(WorksheetProtection).unprotectメソッドで保護を解除

protectメソッドで保護を行う際、(WorksheetProtection).getOptionsメソッドで取得できるWorksheetProtectionOptionsオブジェクトの各プロパティによって、ユーザーに許可する操作を設定できます。

セル選択の設定を行うselectionModeの値については、下記ProtectionSelectionModeの説明をご参照ください。

下記コードでは、オートフィルターの使用のみを許可しています。

関連記事

関連記事

  1. Office Scripts

    Office ScriptsとPower Automateで簡単なメールアーカイブを作る方法

    下記記事でも書いている通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]押さえておきたい基本的なポイント

    Office Scriptsでコードを書くにあたり、ハマりそうなポイン…

  3. Office Scripts

    Office Scripts機能によってWeb版Officeの操作を自動化する

    前回、Ignite 2019で発表されたPower Automate(…

  4. Office Scripts

    Build 2020で個人的に気になったOfficeやPower Automateの発表

    Microsoftの開発者向けイベント「Build 2020」がオンラ…

  5. Office Scripts

    Office Scriptsってどんな機能?

    昨年の11月、Ignite 2019で発表されたオンライン版Excel…

  6. Office Scripts

    [Office Scripts]Power AutomateでOneDriveにファイルがアップされ…

    下記記事でも書いている通り、Power AutomateにはOffic…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP