Office Scripts

Project Oakdaleのテーブルに5000件のデータをインポートしてみました。

前回の記事の続きです。

前回、Power Automateを使ってExcelファイルのデータをProject Oakdaleのテーブルにインポートできることが分かったので、今回は、それなりの件数のデータをインポートするのにどの位時間が掛かるのかを実際に試してみました。

インポートするデータ

インポートするデータは「疑似個人情報データ生成サービス」で作成したダミーデータを使用します。

氏名、氏名(カタカナ)、性別、電話番号、生年月日の5列のデータです。

最初は10,000件のデータを用意したのですが、テスト実行時に下記エラーが発生したため、5,000件で試すことにしました。

行 ‘1’、列 ‘20704’ のアクション ‘Apply_to_each’ に対するテンプレート言語式を処理できません: ‘アクション ‘Apply_to_each’ で foreach 項目の数の上限を超過しました: 上限は ‘5000’、実際の数は ‘10000’ です。’。

インポート方法

インポート方法は前回と全く同じです。
下記記事をご参照ください。

結果

テストデータとテーブル、インポート用のフローの準備ができたところで、いよいよテスト実行!

5,000件のデータのインポートに掛かった時間は・・・

29分

でした。

大した量では無いので精々5分10分で終わるだろうと予想していたのですが、思った以上に時間が掛かりました・・・。

Excelからのデータ取得はすぐに終わっているので、「Apply to each」ループの処理が負担になっているようです🤔

数千件のデータをProject Oakdaleのテーブルにインポートする機会もそう頻繁に無いとは思いますが、これだけ時間が掛かると気軽にテストもできません💦

恐らくもっと効率の良いインポート方法はあると思うので、引き続き調査を続けていきます。

[Power Apps]Project OakdaleのテーブルにExcelファイルからデータをインポートする前のページ

Google Apps ScriptとPower Automateの連携事例紹介次のページ

関連記事

  1. Power Automate

    [Power Automate]デスクトップ UI フロー実行時にハマったポイント

    下記、“Power AutomateのUIフローを試してみた”記事でも…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]スクリプトを共有する方法

    Office Scriptsは、作成したスクリプトを組織内で他のユーザ…

  3. Power Automate for desktop

    [Power Automate]クラウドフローとデスクトップフローとのファイル連携について

    前回の記事でクラウドフローとデスクトップフローの連携について紹介しまし…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]コードとしてコピー機能の紹介

    久しぶりにOffice スクリプトの記事です。今回はOffice …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP