Power Automate

[Power Automate]デスクトップ UI フロー実行時にハマったポイント

下記、“Power AutomateのUIフローを試してみた”記事でも追記していますが、12月のアップデートで、システムロケールを英語に変更しなくても、デスクトップアプリの操作が記録できるようになりました。

そこで改めてPower AutomateのUIフローを試してみたのですが、2点ほどハマったポイントがあったのでメモしておきます。

オンプレミスデータゲートウェイを最新版にしてリージョンを合わせる

下記ヘルプページにある通り、イベントやボタンをトリガーとしてUIフロー(デスクトップ)を実行する場合、オンプレミスデータゲートウェイが必須となります。

このオンプレミスデータゲートウェイを利用するにあたり、私の環境では下記設定が必要でした。

  1. Microsoftのサイトから最新版のオンプレミスデータゲートウェイをダウンロード&インストールする。
  2. オンプレミスデータゲートウェイのリージョンを、Power Platformの管理センターから確認できる、使用環境のリージョンと合わせる。

@Masayuki_Ozawaさんのブログ記事に詳細な説明が書かれていますが、ゲートウェイが見つからないエラーが発生する場合には、最新版のゲートウェイをインストールして、リージョン設定を確認してみてください。

UIフローのユーザー名は「コンピューター名\ユーザー名」とする

フロー作成時にアクションとしてUIフローを追加する際、接続名やユーザー名、パスワードを入力する必要がありますが、ここで入力するのはフローを実行する端末のログインユーザー名とパスワードになります。

このことは@nori790822さんの下記記事に書かれていますが、私は最初、ユーザー名を「コンピューター名\ユーザー名」とせずに、ユーザー名だけ入力していたため、上手くいかずに失敗していました。

ユーザー名の入力欄にも、ちゃんと“Username credential (e.g. DOMAIN\Username)”と書かれているので、私以外失敗する人はいないかもしれませんが、フローが実行されない場合は、一度ユーザー名をご確認ください。

この接続情報は、データ → 接続から編集することができます。

上記のようなハマりポイントを抜ければ、ほらこの通り↓

無事にPower AppsのアプリからUIフローを実行することができました。

上手くいくようになったのは、@Masayuki_Ozawaさんと@nori790822さんのおかげです。
ありがとうございました!

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateからスクリプトを動的に書き換えて実行する…

    ※記事中でも書いていますが、本記事はPower Automateのフロ…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]Power AutomateでOneDriveにファイルがアップされ…

    下記記事でも書いている通り、Power AutomateにはOffic…

  3. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateのフローでパラメーターの受け渡しを行う方…

    下記記事でも書いていますが、Power Automateのフローでパラ…

  4. Office Scripts

    [Office Scripts]Power Automateからスクリプトを実行する

    下記Webサイトにある通り、Office Scriptsのスクリプトは…

  5. Office Scripts

    Office Scriptsの使いどころ

    これまで当ブログでOffice Scriptsについて色々と記事を書い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP