Office関連

Chrome DevTools ProtocolでEdgeを操作するVBAマクロ

Microsoft Edgeの操作を自動化する際はWebDriverを使うことが多いのですが、ブラウザーのバージョンにドライバーのバージョンを合わせる必要が有り、管理に手間が掛かるのが難点です。

特にVBAではドライバーの更新を自動で行ってくれる「WebDriverManager」のような便利なライブラリも無いため、下記記事のように自分で工夫する必要が有ります。

一方、Chrome DevTools Protocol(Edge DevTools Protocol)を使った、WebDriverを使わずにブラウザーを操作するためのライブラリを有志の方が公開されているので、今回はこちらのライブラリの使い方を簡単にご紹介します。

※2021年9月時点の情報です。今後使用方法等が変更される可能性があります。

  1. CodeProjectからZipファイルをダウンロードします。ダウンロードにはサインインが必要で、CodeProjectのアカウント以外にもGitHubやFacebook、Google、Microsoftアカウントが使用できます。
  2. Zipファイルを解凍し中に含まれるモジュールをインポートします。「modEdge」はサンプルコードなので、必ずしもインポートする必要はありません。
  3. Dictionaryを使用するため、参照設定から「Microsoft Scripting Runtime」(scrrun.dll)を追加します。
  4. Edgeを終了した状態でコードを実行します。「modEdge」の中にサンプルコード「runedge」があるので、まずはこちらで動作確認すると良いでしょう。

下図の通り必要最小限の関数しか実装されていないため、ブラウザーの操作は主にJavaScript(jsEval)で行っていくことになります。

サンプルコード

テスト用に本ブログをサイト内検索してヒットした記事を開くコードを書いてみました。
下記の通り、簡単なスクレイピング処理であればJavaScriptの実行だけで十分対応可能です。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim objBrowser As clsEdge
  
  Set objBrowser = New clsEdge
  With objBrowser
    .start
    .attach ""
    .navigate "https://www.ka-net.org/blog/"
    WaitBrowser objBrowser
    .jsEval "document.getElementById('s').value = 'VBA'"
    .jsEval "document.getElementById('searchsubmit').click()"
    WaitBrowser objBrowser
    .jsEval "const res = document.evaluate(""//a[@class='gs-title']"", document, null, XPathResult.ORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE, null)"
    .navigate .jsEval("res.snapshotItem(5).href")
  End With
End Sub

Private Sub WaitBrowser(ByVal objBrowser As Object)
  Do While objBrowser.jsEval("document.readyState") <> "complete"
    DoEvents
  Loop
End Sub

今回紹介したライブラリは7月に公開されたばかりです。
欲しい機能が有る場合は、作者にリクエストを出して実装されるのを待つか、もしくはCDPのドキュメントを見ながら自分で実装すれば良いでしょう。

これまでCDPについては「WebSocketでアレコレするやつ」「Node.jsから使うやつ」程度のふわっとした知識しか無かったため、VBAからの利用は考えたことも無かったのですが、まさか実装する方がおられるとは思いもよりませんでした。

ちなみに今回紹介したライブラリはパイプを使って低レベルな通信を行っているそうです。

関連記事

2021年9月の人気記事前のページ

Windows 11をクリーンインストールしてみました。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    ConvertToTextメソッドを使ってテーブルを二次元配列に変換するWordマクロ

    WordのTableオブジェクトには、テーブルを解除して文字列に変換す…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]Seller Dashboardの販売者アカウントを作成する。

    Office用アプリをOfficeストアで公開するためにはMicros…

  3. Office関連

    パスワードが設定されたファイルを開くPowerPointマクロ

    WordやExcelと違って、PowerPointの場合はOpenメソ…

  4. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(O)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  5. Office関連

    Excelで地理データや株価情報を取得する方法

    下記記事にある、今年3月に追加された「データの種類」機能を使って、Ex…

  6. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(A)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP