Office Scripts

Visual Studio Code for Office Scriptsの紹介

インストール要らずで利用できるWeb用Visual Studio Code(VS Code)がリリースされたのは去年のことですが、ついにこのWeb用VS CodeでOffice スクリプトの編集ができるようになりました。

※2022年12月時点では英語環境でないと使用できないようです。私の環境では言語設定から表示言語を英語に切り替えることで機能を使用できるようになりました。

Web 用 Visual Studio Code を使用すると、ユーザーはどこからでも何かを編集できます。 Office スクリプト エクスペリエンスをこの一般的なコード エディターに接続して、ブックの外部でスクリプトを開始します。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/office/dev/scripts/develop/vscode-for-scripts?WT.mc_id=M365-MVP-4029057 より

Web用VS CodeとOffice スクリプトの連携

  1. Web用ExcelでOffice スクリプトのコードエディターを開きます。
  2. 「その他のオプション」(「…」ボタン)から「エディターの設定」を開きます。
  3. Visual Studio Code connection」オプションにチェックを入れて有効にします。
  4. 「その他のオプション」から「Open in VS Code」をクリックするとWeb用VS Codeが表示され、スクリプトを編集できます。
  5. コード変更後上書き保存してWeb用Excelのコードエディタから「Close」ボタンをクリックすると、コードが変更されていることが確認できます。

2022/12/21 追記:
Web環境なのでブレークポイントを設定してのデバッグなどは出来ないようでしたが、「Start Script」ボタンからのスクリプト実行やコンソール表示は確認出来ました。

これまでは作業ウィンドウ上でしかコードを書けなかったので作業領域も狭く苦労したのですが、VS Codeでコードが書けるようになり大幅に作業効率がアップしました(Microsoft Learnの資料によると拡張機能も使えるとのこと)。
現時点ではまだプレビュー版の機能ですが、GAが今から待ち遠しいです!

関連記事

[Power Automate for desktop]フローがコンソールに表示されなくなった場合の対処法前のページ

【ポケモンSV】パルデア図鑑が完成しました。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    選択している行の高さを増やすExcelマクロ

    Excelの表を印刷しようとしたとき、ビミョーに文字が切れていてイラッ…

  2. Office関連

    Adobe Reader XIを利用してPDFファイルのページ数を取得するVBAマクロ

    先日Adobe Readerを利用してPDFファイルのページ数を取得す…

  3. Excel

    VBAでブラウザーを操作するSeleniumWrapperVBAの紹介

    Internet Explorerのサポートが終わり、VBAマクロから…

  4. Office関連

    Evernote Cloud SDKを使ったVBAマクロ

    3年ほど前にEvernote for Windowsを操作するVBAマ…

  5. Excel

    ZIP形式で圧縮・解凍を行うVBAマクロ

    この記事のように、処理の中でZIP形式のファイルを扱うことはありました…

  6. Office関連

    モヤさまのショウ君にいろいろ喋らせるVBAマクロ(2)

    前回に引き続き、HOYAサービス株式会社様が公開されている「Voice…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP