Office関連

「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」のダウンロード先

※ 下記に紹介する方法はOfficeのサービスパックからデータ追跡機能付きテンプレート ウィザードのみを抜き出して使用する方法です。アドインファイルのライセンスについては未確認のため、ライセンス違反であることが確認された場合には、当記事も公開を停止します。

データを転記するのに便利な「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」ですが、これまで公開されていた配布先はページそのものが無くなってしまったようです。
そこで今回はOfficeのサービスパックからデータ追跡機能付きテンプレート ウィザードのみを抜き出す方法を紹介します。

  1. Office XP Service Pack 3 (SP-3)のダウンロードページから「OfficeXpSp3-kb832671-fullfile-jpn.exe」ファイル(インターネット・アーカイブ)をダウンロードします。
  2. Universal Extractorを使って、ダウンロードしたOfficeXpSp3-kb832671-fullfile-jpn.exeファイルを適当なフォルダに解凍します。Universal Extractorについては「50種類以上ものありとあらゆるファイルを解凍できる「Universal Extractor」」をご参照ください。
  3. WZTEMPLT_01

  4. Universal Extractorを使って、2.で出力されたMAINSP3ff.mspファイルを適当なフォルダに解凍します。このとき解凍方法は「MSI TC Packer 解凍」を選択してください。
  5. WZTEMPLT_02

    WZTEMPLT_03

  6. 無事にMAINSP3ff.mspファイルが解凍できると、「WZTEMPLT.XLA_0101」ファイルが出力されるので、ファイル名を「WZTEMPLT.XLA」に変更します。
  7. WZTEMPLT_04

  8. WZTEMPLT.XLAファイルをExcelのアドインフォルダ(%APPDATA%\Microsoft\AddIns)にコピーします。アドインフォルダを自動的に開きたい場合には「クラシックスタイルメニュー」付属の「アドインフォルダを開く.vbs」ファイルをお使いください。
  9. WZTEMPLT_05

  10. Excelを起動し、オプション画面にある「アドイン」から「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」を有効にします。
  11. WZTEMPLT_06

    WZTEMPLT_07

  12. アドインタブに「テンプレート ウィザード」が表示されたら設定完了です。テンプレート ウィザードが表示されない場合は、一度Excelを再起動してください。
  13. WZTEMPLT_08

とりあえず、32ビット版のExcel 2013でウィザードの起動までは確認できましたが、動作の方は未確認です。
Office XP時代のアドインを無理やり動かしているようなものなので、アドインの利用にはご注意ください。

mougの過去ログ検索サイト「mougle」を更新しました。前のページ

選択範囲をOneNoteに送るVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    日経ソフトウエア 2014年 10月号 「VBAでExcelを業務アプリ化」

    購読している雑誌、日経ソフトウエア 2014年 10月号に「イベントプ…

  2. Office関連

    PHPWordを使ってPHPからWordファイルを出力してみる。

    最近オトカドールやルミティアジュエルやらの記事ばかり書いていますが、今…

  3. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(O)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(K,L)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. Office関連

    Acrobat XIを操作してテキスト認識操作を行うVBAマクロ

    マクロからAcrobatを操作する場合「PDFファイル上のフィールドの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP