クライアント管理

Javaの自動更新を停止する。

PC起動時に度々「このサイトのセキュリティ証明書の取り消し情報は、使用できません。続行しますか?」といった警告が出ていて、びみょーーに鬱陶しい思いをしていました。

JavaUpdate_01_01

この警告で証明書を表示すると、発行先はjavadl-esd-secure.oracle.comとなっていて、

JavaUpdate_01_02

さらにProcess Explorerで調べると、実行ファイルは「jusched.exe」(Java(TM) Update Scheduler)となっていました。

JavaUpdate_01_03

Update Scheduler、要するにJavaの自動更新ですね。
鬱陶しいので、早速更新を止めることにします。

Javaの自動更新を止めるには、コントロールパネル → Java → 「更新を自動的にチェック」オフ、といった手順でも良いわけですが、今回は「How to disable Java Update in Windows 7」にもあるように、レジストリーの設定を変更して自動更新を止めることにしました。

変更するレジストリーの値は下記の通りです(32ビット版)。

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。

・場所:

・値:
1 → 0

JavaUpdate_01_04

EnableJavaUpdateの値を「0」にすると、Javaコントロール・パネルの「更新」タブが表示されなくなります。

JavaUpdate_01_05

JavaUpdate_01_06

また、Process ExplorerのAutostart Locationで表示されたエントリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\SunJavaUpdateSched」も併せて削除しておきます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run」キーにあるエントリは、「システム構成ユーティリティを使用してスタートアップ アプリケーションを把握して制御する」にもある通り、すべてのユーザーのログオン時に実行されるプログラムです。
端末の起動を早くするためにも、余分なプログラムは削除しておいた方が良いですね。

・・・というわけで、これでJavaの自動更新が停止したはずなので、例の警告が出ないかどうか、もうしばらく様子を見てみることにします。

関連記事

  1. クライアント管理

    [レジストリ]Adobe Acrobat Reader DCの環境設定

    Adobe Acrobat Reader DCの環境設定や自動更新に関…

  2. クライアント管理

    Javaを使ったWebサイトが突然動かなくなった。

    2014年1月に公開されたJava 7 Update 51を適用したと…

  3. クライアント管理

    [クライアント管理]アップデータを配布せずにAdobe ReaderやAcrobatを更新する方法

    PC管理者を悩ませる作業の一つである“パッチ当て”、特にほとんどのPC…

  4. クライアント管理

    Lhaplusのサイレントインストール方法

    圧縮・解凍ソフトとして有名な「Lhaplus」ですが、先日脆弱性が修正…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 31日
  2. 2020年 3月 29日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP