その他

FiddlerからTrello APIを実行する。

タスク管理に便利なクラウドサービス「Trello」、開発者向けに用意されたAPIも充実しているので、動作確認も兼ねてFiddlerから実行してみることにしました。

APIキーの取得

APIを呼び出すに当たり、まずはTrelloにログインした状態でgenerate an API Key( https://trello.com/1/appKey/generate )ページにアクセスしてAPIキーを取得します。

ユーザートークンの取得

APIキーを取得したら、次はトークンを取得します。
下記パラメーターで取得できるトークンはRead/Write権限、無期限のトークンです。詳細なパラメーターについては「Authorization」をご参照ください。

https://trello.com/1/authorize?scope=read%2cwrite&response_type=token&expiration=never&key=(上記手順で取得したAPIキー)

上記ページににアクセスすると、「○○○があなたのアカウントを利用することを許可しますか?」との画面が表示されるので、「許可」ボタンをクリックします。

You have granted access to your Trello information.
To complete the process, please give this token:

メッセージの下にトークンが表示されるので、メモ帳等にコピーしておきます。

ボードIDの取得

APIキーとトークンの準備ができたら、いよいよTrello APIの呼び出しです。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/members/me/boards?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各ボードの情報を取得できるので、お目当てのボードのIDをコピーします。

リストIDの取得

ボードIDの取得ができたら、次はリストのIDを取得してみます。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/boards/(ボードID)/lists?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各リストの情報を取得できるので、お目当てのリストのIDをコピーします。

カード情報の取得

リストIDが取得できたら、次はリスト上のカード情報を取得してみます。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/lists/(リストID)/cards?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各カードの情報を取得できます。

カードの投稿

最後はカードの投稿です。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをPOST送信すると、

https://api.trello.com/1/cards?idList=(リストID)&key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)&name=(URLエンコードしたカードのタイトル)

指定したリストにカードが投稿されます。

指定可能な各パラメーターについては、APIのドキュメントをご参照ください。

以上のように、Trello APIを使うと簡単に情報の取得や投稿ができるので、外部アプリケーションとTrelloの連携を考えている方は是非お試しください。

参考Webサイト

関連記事

  1. その他

    サーバーを移転しました。

    これまで使っていたレンタルサーバー、XREA Plusがあまりに遅いの…

  2. その他

    2014年、今年も初心者備忘録をよろしくお願いいたします。

    もう2014年がスタートして一週間になりますが、今年も当「初心者備忘録…

  3. その他

    bitlyのAPIキーを取得する

    今回はURL短縮サービスとして有名なbitlyのAPIキーを取得する方…

  4. その他

    SharpDevelopのインストールと日本語化

    私のHPでも「SharpDevelopでリボンXMLを編集する」でリボ…

  5. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  6. その他

    Visual Studio CodeでjQueryのコードを書いてみる。

    「MS、Win/Linux/Mac対応のコードエディター「Visual…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP