その他

FiddlerからTrello APIを実行する。

タスク管理に便利なクラウドサービス「Trello」、開発者向けに用意されたAPIも充実しているので、動作確認も兼ねてFiddlerから実行してみることにしました。

APIキーの取得

APIを呼び出すに当たり、まずはTrelloにログインした状態でgenerate an API Key( https://trello.com/1/appKey/generate )ページにアクセスしてAPIキーを取得します。

ユーザートークンの取得

APIキーを取得したら、次はトークンを取得します。
下記パラメーターで取得できるトークンはRead/Write権限、無期限のトークンです。詳細なパラメーターについては「Authorization」をご参照ください。

https://trello.com/1/authorize?scope=read%2cwrite&response_type=token&expiration=never&key=(上記手順で取得したAPIキー)

上記ページににアクセスすると、「○○○があなたのアカウントを利用することを許可しますか?」との画面が表示されるので、「許可」ボタンをクリックします。

You have granted access to your Trello information.
To complete the process, please give this token:

メッセージの下にトークンが表示されるので、メモ帳等にコピーしておきます。

ボードIDの取得

APIキーとトークンの準備ができたら、いよいよTrello APIの呼び出しです。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/members/me/boards?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各ボードの情報を取得できるので、お目当てのボードのIDをコピーします。

リストIDの取得

ボードIDの取得ができたら、次はリストのIDを取得してみます。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/boards/(ボードID)/lists?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各リストの情報を取得できるので、お目当てのリストのIDをコピーします。

カード情報の取得

リストIDが取得できたら、次はリスト上のカード情報を取得してみます。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをGET送信すると、

https://trello.com/1/lists/(リストID)/cards?key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)

下図のように各カードの情報を取得できます。

カードの投稿

最後はカードの投稿です。
FiddlerのComposerを使って下記リクエストをPOST送信すると、

https://api.trello.com/1/cards?idList=(リストID)&key=(取得したAPIキー)&token=(取得したトークン)&name=(URLエンコードしたカードのタイトル)

指定したリストにカードが投稿されます。

指定可能な各パラメーターについては、APIのドキュメントをご参照ください。

以上のように、Trello APIを使うと簡単に情報の取得や投稿ができるので、外部アプリケーションとTrelloの連携を考えている方は是非お試しください。

参考Webサイト

明日ちゃんのセーラー服キャンバス展全店回ってきました。前のページ

Google Calendar APIを使って日本の祝日を取得するVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    Live Serverとmkcertで簡単にローカルhttpsサーバーを立ち上げる方法

    Office アドインのテストを行うのに、簡単に構築できるhttpsサ…

  2. その他

    2016年ブログ振り返り(前半戦)

    2016年、今年も無事に仕事納め完了。年明けまで会社に行くこともな…

  3. ブックマークレット

    Bingで期間指定検索するオプション 他

    Bingで期間指定検索するオプション 他Bingで検索するとG…

  4. その他

    SharpDevelopのインストールと日本語化

    私のHPでも「SharpDevelopでリボンXMLを編集する」でリボ…

  5. その他

    Evernoteのサイレント・インストール

    EvernoteのダウンロードページからダウンロードできるWindow…

  6. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP