Windows 10

ESETで「Windowsセキュリティセンターへの登録が失敗しました」エラーが発生

セキュリティ対策ソフトとしてESET Endpoint Securityを使用しているのですが、使用しているPCをWindows 10 バージョン 1903にアップデートしたところ、下記エラーが発生しました。

Windowsセキュリティセンターへの登録が失敗しました

ESETのカーネルで発生したエラーのようですが、パッと見ではどこに問題があるのかよく分かりません。
使用上特に問題は無さそうですが、このまま放置しておくのも何か気持ちが悪いので、サポートに問い合わせることにしました。
下記がそのときの回答です。

ESET製品をWindowsセキュリティセンターへ登録しようとし失敗した状況となります。
一度アンインストールツールにて「ESET Endpoint Security」を完全削除後、「ESET Endpoint Security」のV7.1をインストールいただき、改善するかご確認をお願いいたします。

えっ!?完全削除&再インストールまでせなアカンの??

正直そう思いましたが、乗りかかった船なのでやるだけやってみます。

アンインストールツールを使ったESETの完全削除

  1. サポートサイトからアンインストールツールをダウンロードします。
  2. PCをセーフモードで再起動します。セーフモードでの起動方法はOSのバージョンによって異なりますが、下記サイトに詳しい手順が記載されています。
  3. 手順1.でダウンロードしたアンインストールツールを実行し、指示に従ってプログラムの削除を行います。詳細な手順はサポートサイトをご参照ください。
  4. 削除完了後、PCを通常モードで再起動します。

ESET Endpoint Securityのインストール

ESETのアンインストールが終わったら、今度は最新バージョンを再インストールします。

  1. ユーザーズサイト(https://canon-its.jp/product/eset/users/)にログインします。このとき、製品のシリアル番号とユーザー名が必要となります。
  2. ダウンロードページから、最新版のインストーラーをダウンロードします。
  3. 手順2.でダウンロードしたインストーラーを実行し、指示に従ってインストールを行います。

以上で「Windowsセキュリティセンターへの登録が失敗しました」エラーの対応は完了です。

こうして無事に最新版のESET(下図参照)をインストールでき、問題のエラーも解消しましたが、ツールを使っての削除&再インストールは中々面倒くさい作業でした。

関連記事

  1. Windows 10

    [Windows 10]半期チャネルって何?QUって何?WaaS用語まとめ

    Windows 10がリリースされて早3年、「Windows as a…

  2. Windows関連

    ドラッグ&ドロップした画像をクリップボードにコピーするバッチファイル

    いくつか画像ファイルを編集する必要があったときに書いたバッチ(というよ…

  3. Windows 10

    Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット

    2015/10/12 記事を追加しました。・Microsoft E…

  4. Windows関連

    [Windows 8.1]16ビットアプリケーションを動かす。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP