Windows関連

Windows 8 Developer PreviewをOS X Lionっぽくする。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・32ビット)に基づいて説明しています。

今回はWindows 8 Developer PreviewをMac OS X Lionのような見た目に変更するツール「Lion Icon Pack For Win 8 Developer Preview」を紹介します。

Lion Icon Pack For Win 8 Developer Preview“から「LionIconPackX86_downloader_by_SkinPack.exe」(32ビット用)、もしくは「LionIconPackX64_downloader_by_SkinPack.exe」(64ビット用)をダウンロードして実行します。

※ 「Windows protected your PC」とのメッセージが表示された場合は、「More Info」から「Run Anyway」を選択します。

指示に従ってインストールします。

再起動後PCにログオンすると、デスクトップ画面がOS X Lionのような画面になっています。
アイコンと壁紙が変更され、いつもとはちょっと異なる雰囲気が味わえます。

アンインストールすると元の画面に戻ります。

標準のWindows 8に飽きた方、Windowsを使っているけれど本当はMac OSの方が好きな方は一度試してみてはいかがでしょうか?なかなか面白いツールです。

テキストボックス等Shapeオブジェクトのテキストのみを置換するWordマクロ前のページ

Windows 8 Developer PreviewにVB5CCEをインストールしてみました。次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDriver編)

    Microsoft Edge Dev Blogに「Bringing a…

  2. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  3. Windows 10

    [Windows 10]スケッチパッドを起動するショートカット

    Yahoo!知恵袋に「VBScript - 「Windowsボタン +…

  4. Windows 10

    【2017年4月版】Microsoft Edgeで開いているページを名前を付けて保存する方法

    2015年8月に、Microsoft Edgeで開いているページを名前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP