Windows 10

[Windows 10]Creators UpdateのISOファイルを直接ダウンロードする方法

下記記事の通り、本日(2017/4/5(米国時間))から「Windows 10 Creators Update」のダウンロード提供が開始されました。

Windows 10 のダウンロード」ページから、Creators Updateのメディア作成ツールをダウンロードできるようですが、この記事によると、

同じページに非Windows PCでアクセスすると直接ISOファイルをダウンロードできる

とのことだったので、さっそく試してみました。

Creators UpdateのISOファイルを直接ダウンロードする方法

※ 下記手順はWindows 7 + Internet Explorer 11環境で確認を行っています。
※ 下記手順は 2017/4/6 時点での情報を元にしています。

  1. Internet Explorerで「Windows 10 のダウンロード」ページを開きます。
  2. F12キーを押して、“F12 開発者ツール”を起動します。
  3. 「▼」ボタンから「エミュレーション」を開きます。
  4. ユーザー エージェント文字列」プルダウンから「カスタム」を選択します。
  5. カスタム文字列入力欄に下記のような、Windows OS以外のUserAgentを入力し、Enterキーを押します。
  6. Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_8_2) AppleWebKit/536.26.14 (KHTML, like Gecko) (Coda, like Safari)

  7. ダウンロードページが「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」ページに変わります。
  8. エディションの選択」プルダウンからダウンロードしたいエディションを選択後、「確認」ボタンをクリックします。“Windows 10 N”の違いについては「Windows 10 N および Windows 10 KN エディションの Media Feature Pack」ページをご参照ください。
  9. 製品の言語の選択」プルダウンから希望する言語を選択し、「確認」ボタンをクリックします。
  10. 64-bit ダウンロード」「32-bit ダウンロード」ボタンをクリックして、それぞれ環境に応じたISOファイルをダウンロードします。

上記手順でダウンロードしたISOファイルをDVDに焼き、手持ちのデスクトップPCにインストールしたところ、20分程度でクリーンインストールが完了しました。

バージョン情報はちゃんと「バージョン 1703 (OS ビルド 15063.0)」になっています。

関連記事

  1. Windows 10

    続・起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード(UI Automa…

    2017/8/18 追記:当記事のコードは現在動作しなくなっている…

  2. Excel

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    「Microsoft Edge VBA 操作」こういったキーワード検索…

  3. Windows関連

    [Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  4. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBScript

    「Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDrive…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP