Windows 10

Chromium版のMicrosoft Edge Insiderを使ってみました。

下記記事にある通り、Chromium版のMicrosoft Edgeが「Microsoft Edge Insider Channels」(https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download/)で公開されたので、さっそくインストールして使ってみました。
(上記ページにも書いてありますが、現時点(2019年4月)ではWindows 10向けのバージョンしか公開されていません。)

Microsoft Edge Insider Dev Channelのインストール

ダウンロードサイトからダウンロードしたインストーラー(MicrosoftEdgeSetup.exe)を実行すれば、すぐにインストールが完了します。

インストールされたEdgeのバージョンは74.1.96.24Google Chrome 74相当です。

また、Insider版をインストールしたからといって、既存のEdgeが削除されるわけではありません。

UserAgentの比較

今回公開されたChromium版のEdgeと既存のEdgeのUserAgentを比較してみました。

Chromium版のEdge
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/74.0.3729.48 Safari/537.36 Edg/74.1.96.24

既存のEdge
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.102 Safari/537.36 Edge/18.18362

Chromium版はちゃんとChromeファミリーとして動作しているようです。

Chrome向けの拡張機能を動かしてみる

せっかくなので、Chrome向けに公開されている拡張機能を動かしてみました。

試してみたのは「Tabby Cat」、新規タブを開くとカワイイ猫が出てくるアドインです。

拡張機能の設定から「Developer mode」をオンにして、「Load unpacked」ボタンから、拡張機能のマニフェストが入ったフォルダを指定すれば読み込み完了です。

支払いが発生するペット選択機能はエラーが発生して使用できませんでしたが、下図の通り問題なく猫さんが表示されました。

すべてのChrome向けの拡張機能が動作するわけではありませんが、マニフェストファイルを変更することなく、そのまま読み込めるのは便利だと思います。

そういったわけで、公開されたばかりのChromium版のMicrosoft Edgeを軽く触ってみました。
まだまだ開発途中の段階なので、決して使い勝手が良いとは言えませんが、動作は軽快で今後の発展に期待ができそうなブラウザーです。

上でも書いた通り、Insider版のEdgeをインストールしたからと言って、既存のEdgeが消えるわけではないので、新しいブラウザーに興味がある方は是非お試しください!

関連記事

  1. Windows 10

    [Windows 10]Microsoft Edgeでブックマークレットを使う。

    2017/3/29 追記:新しく記事を書き直しました。…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeの拡張機能を色々試してみた。

    前回の記事ではMicrosoft Edgeの拡張機能(Microsof…

  3. Windows 10

    [Windows 10]スケッチパッドを起動するショートカット

    Yahoo!知恵袋に「VBScript - 「Windowsボタン +…

  4. Windows関連

    [Windows 8]画像をタッチしてログオンする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  5. Windows関連

    Windows 8を従来のスタイルに変更するスクリプト

    2012/3/2 追記:下記情報はWindows Develope…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP