Windows関連

Windows 8にClassic Shellをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて説明しています。

Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」でも紹介しているスタートメニューやエクスプローラーをクラシックスタイル風にカスタマイズできるフリーソフト「Classic Shell」がバージョン3.6.0から公式にWindows 8 RTMをサポートしたので早速試してみました(2012年8月22日時点では最新バージョンは3.6.1)。

画面に従ってインストールするだけなので、特に問題は無いです。
相変わらず日本語環境にも対応しているのは嬉しいですね。
なお、上図ではスタートボタンの画像をWindowsマークに変更していますが、変更方法は「Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」をご参照ください。

関連記事

  1. Windows 10

    [Windows 10]このデバイスの〇〇へのアクセスを制御するレジストリ情報

    Windows 10のの中に、「このデバイスのドキュメント ライブラリ…

  2. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  3. Office関連

    Windows 10 Technical PreviewにOffice XPをインストールしてみまし…

    「最新ビルドを詳細レビュー! Windows 10 Technical…

  4. Windows関連

    Windows 10 IMEの「クラウド候補機能」の仕組みを追ってみた。

    「ついにWindows 10 日本語IMEにクラウド候補機能が搭載され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP