Windows関連

Windows 8にClassic Shellをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて説明しています。

Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」でも紹介しているスタートメニューやエクスプローラーをクラシックスタイル風にカスタマイズできるフリーソフト「Classic Shell」がバージョン3.6.0から公式にWindows 8 RTMをサポートしたので早速試してみました(2012年8月22日時点では最新バージョンは3.6.1)。

画面に従ってインストールするだけなので、特に問題は無いです。
相変わらず日本語環境にも対応しているのは嬉しいですね。
なお、上図ではスタートボタンの画像をWindowsマークに変更していますが、変更方法は「Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」をご参照ください。

コマンドマクロ一覧(Word 2013 Customer Preview)前のページ

蛍光ペンでマークした部分の文字数をカウントするWordマクロ次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8]エクスプローラーのリボンを無効にする。

    ※ 下記はWindows 8 Release Preview(日本語版…

  2. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  3. Windows 10

    Microsoft EdgeのURL制限は2083文字なのか調べてみた。

    Internet Explorerで使用できるURLの長さに制限がある…

  4. Windows関連

    Windows 8のDeveloper Previewが公開されました。

    画像はWindows Developer Preview - A …

  5. Windows 10

    Microsoft Edgeのお気に入りをHTML形式でインポート・エクスポートする。

    以前当ブログでMicrosoft Edgeのお気に入りを編集する方法に…

  6. Windows 10

    Windows Insider Meetup in Japan 2 東京に参加しました。

    6月25日(日)に品川の日本マイクロソフト株式会社で開催された「Win…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP