Windows関連

Windows 8にClassic Shellをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて説明しています。

Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」でも紹介しているスタートメニューやエクスプローラーをクラシックスタイル風にカスタマイズできるフリーソフト「Classic Shell」がバージョン3.6.0から公式にWindows 8 RTMをサポートしたので早速試してみました(2012年8月22日時点では最新バージョンは3.6.1)。

画面に従ってインストールするだけなので、特に問題は無いです。
相変わらず日本語環境にも対応しているのは嬉しいですね。
なお、上図ではスタートボタンの画像をWindowsマークに変更していますが、変更方法は「Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」をご参照ください。

コマンドマクロ一覧(Word 2013 Customer Preview)前のページ

蛍光ペンでマークした部分の文字数をカウントするWordマクロ次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    Chromium版のMicrosoft Edge Insiderを使ってみました。

    下記記事にある通り、Chromium版のMicrosoft Edgeが…

  2. Windows関連

    Windows 8.1をインストールしてみました。

    下記の記事にもあるように、開発者向けにWindows 8.1の製品版(…

  3. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  4. Windows 10

    [Windows 10]ナビゲーションウィンドウにあるOneDriveを非表示にする。

    ※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。Win…

  5. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    2021/10/1 追記:本記事は公開されてから大分時間が経ってお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP