Office Scripts

[Office Scripts]テーブルを追加する方法

今回は、Office Scriptsのスクリプトでテーブルを作成する方法を紹介します。

Office Scriptsでは、下記コードの通り(Worksheet).addTableメソッドで、セル範囲を指定して新しいテーブルを作成できます。

下図の動作確認には、東京都が公開している「新型コロナコールセンター相談件数」のデータを使用しています。

addTableメソッドの第一引数でセル範囲を、第二引数で見出し行を含んでいるかどうかを指定します。指定したセルが無効、テーブルが別のテーブルと重なっているといった、テーブルが追加できない場合はエラーが発生します。

また、指定するセル範囲は下記のようにRangeオブジェクトを指定することもできます。

関連記事

Office Scriptsの使いどころ前のページ

[Office Scripts]テーブルのn列目、n行目のみ処理する次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]ウィンドウ枠の固定と解除を行う方法

    今回は、Office Scriptsでウィンドウ枠の固定と解除を行う方…

  2. Office アドイン

    [Office Scripts]押さえておきたい基本的なポイント

    Office Scriptsでコードを書くにあたり、ハマりそうなポイン…

  3. Office アドイン

    Office Scripts機能によってWeb版Officeの操作を自動化する

    前回、Ignite 2019で発表されたPower Automate(…

  4. Office Scripts

    Office Scriptsの要件と制限

    いまさらですが、Office Scriptsのシステム要件や制限事項に…

  5. Office アドイン

    Office Scripts機能によってWeb版Excelで操作の記録ができるようになりました。

    昨年からずっと待ち続けていた「Office Scripts」機能、つい…

  6. Office アドイン

    Office Scriptsの使いどころ

    これまで当ブログでOffice Scriptsについて色々と記事を書い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP