Google関連

Googleのインデックスからブログ記事が削除された件

私は普段Google AnalyticsGoogle Search Consoleを見ていないので気が付かなかったのですが、どうやら当ブログのPVが昨年末当たりから激減しているようです。

好き勝手にやっているブログですので、正直、PVが多かろうが少なかろうがどうでも良いところはあるのですが、一番困っているのは“自分でサイト内検索しても引っ掛からなくなったこと”です。

よく私は過去に書いた記事を「site:」コマンドで検索しているのですが、気が付いたら全くヒットしなくなっていました。

さすがにこれはちょっとおかしいと思い、原因を調べてみることにしました。

「重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません」で除外

Search Consoleで検索パフォーマンスを見てみると、どうやら2020年12月27日あたりから急に落ち込んでいるようです。

私のブログの性質上、土日祝日といった休日は表示回数も落ち込むのですが、今回の落ち込みっぷりはその比ではありません。

そこでカバレッジをチェックしてみると、「重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません」として、多くの記事が除外されていました。
(※除外:意図的にインデックスに登録されていないページ)

これではサイト内検索しても記事がヒットするわけありません。

除外されたページでURL検査を行ったところ、「Google が選択した正規 URL」が「該当なし」になっていました。

「インデックス登録を許可?」は「はい」になっているので、noindex等ではないようです。
さらに原因を調べるため、「公開URLをテスト」を実行したところ、特に問題はありませんでした。

たしかに、ページによってはモバイルユーザビリティで引っ掛かっているページもあるのですが、まさかモバイルフレンドリーでないだけでインデックスからも削除されるのでしょうか・・・!?😰

SEOには全く詳しくなく、急にインデックス削除された原因もよく分からないので、もうちょっと様子を見てみようと思います。


2021/1/28 追記:
今朝サイト内検索したら、再びブログの記事がヒットするようになっていました。

そのことについてツイートしたところ、TAICHI( @artbreak_taichi )さんからご自分も同じ症状で、「All in One SEO」(AIOSEO)を無効化したら改善したとのご返信をいただきました。

実は私も1月25日にAIOSEOを無効にしていたのですが、もしかしたら今回のインデックス登録が削除された件はAIOSEOが原因だったのかもしれません🤔

Search Console上はブログ記事がまだ“除外”されたままになっているので、引き続き様子を見ていこうと思います。

それにしても、今回の件でツイートしたところ、多くの方からアドバイスやご心配のお言葉をいただきました。

ありがとうございます!
この場を借りてお礼申し上げます🙏

自分一人では解決できない問題でも、アウトプットすることで解決の糸口に繋がるかもしれない。ちょっとしたことでもアウトプットすることは大事だな!、改めてそう実感しました。


2021/2/24 追記:
上記対応後ちょくちょくSearch Consoleをチェックしていたのですが、だいぶ元の水準に戻ってきました。

カバレッジを見ても除外されている記事は少なくなっています。

引き続き、AIOSEOを無効にして様子を見ていこうと思います。

Power Automate経由でTwitterに投稿するVBAマクロ前のページ

2021年1月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Google関連

    以前のGoogle マップを使う。

    「「新しい Google マップ」正式公開、地図大きく、精緻すぎる3D…

  2. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(2)

    前回の記事でGmail APIを使ってメールを送信するVBAマクロを紹…

  3. Office関連

    Outlookを使ってGmail送信を行うVBAマクロ

    下記G Suite アップデート ブログにある通り、今年の6月には“安…

  4. Google関連

    Google Apps Script 活用ミートアップ #4に参加しました – #GAS…

    5月20日(月)にNagatacho GRiDで開催された「【エンジニ…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]自作関数を定義する

    Excel VBAでは、下記のようなコードを標準モジュールに書けばワー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP