Excel

[Python in Excel]Excelの値として出力するかPythonオブジェクトとして出力するか

昨日はパブリックプレビューがリリースされたPython in Excelについて下記記事を書きましたが、サンプルを触っていてハマったポイントがあったのでメモ書きとして残しておきます。

※ 本記事の内容は、2023年8月時点ではまだパブリックプレビュー段階である情報を元にしています。今後仕様等変更される可能性がある点には十分にご注意ください。


前回の記事でも書いている通り、「数式」タブの「Python」グループ(現時点ではプレビュー表記)からはいくつかのサンプルをシート上に挿入できます。

このサンプルを触っていて気になったのが下の部分で、サンプルでは下図の通り画像としてグラフが表示されていますが、このPythonコードをそのまま貼り付けても、

下図のようにシート上では「Image」と表示されるだけで画像として表示されません。

この違いが何なのか最初分からなかったのですが、見比べていると数式バーに変化がありました。下図の部分で微妙にアイコンが変わっているのが分かります。

このアイコンをクリックすると「Python 出力」メニューが表示され、「Python オブジェクト」と「Excel の値」の2つの項目が表示されました。

サンプルで表示されていたグラフの画像は「Excel の値」として出力されていたものだったわけですね。

コードをコピー&ペーストしたセルも「Python オブジェクト」ではなく「Excel の値」とすることで無事に画像表示されるようになりました。

関連記事

Python in Excelのパブリックプレビューがリリースされました。前のページ

2023年8月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    ディスプレイのサイズを取得するVBAマクロ

    「VBA ディスプレイ 幅 高さ」といったキーワード検索でのアクセスが…

  2. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(3)

    前回、前々回とGmail APIを扱ってきましたが、今回は前々回の記事…

  3. Power Automate for desktop

    たった1行でPower Automate for desktop(PAD)から自由自在にExcelを…

    ※ 本記事は「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) Ad…

  4. Office関連

    CDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロ(UTF-8対応版)

    2年ほど前にCDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロについて記事…

  5. Excel

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    2021/10/1 追記:本記事は公開されてから大分時間が経ってお…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP