Office アドイン

[Office用アプリ]任意の場所にデータを入力する。

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

今回はドキュメントの任意の場所にデータを入力する方法を紹介します。
事前準備として、Excelを開きSheet1の「$C$2:$E$4」の範囲を「rngSample」として名前定義しておきます。

そしてアプリのコードが下記になります。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
        <script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js"></script>
        <script src="https://az88874.vo.msecnd.net/api/1.0/office.js"></script>
        <script>
            Office.initialize = function (reason) {
                $(document).ready(function () {
                    Office.context.document.bindings.addFromNamedItemAsync("Sheet1!rngSample", "matrix", {id:"myRange"}, function (result) {
                        if (result.status == "succeeded"){
                            write("バインドを追加しました。:" + result.value.id + " , Type:" + result.value.type);
                        } else {
                            write("エラーが発生しました。:" + result.error.message);
                        }
                    });
                });
            }
            $(function(){
                $("#myButton").click(
                    function() {
                        var ary = [
                            [1, 2, 3],
                            [4, 5, 6],
                            [7, 8, 9]
                        ];
                        Office.select("bindings#myRange").setDataAsync(ary, {coercionType:"matrix"}, function (result) {
                            if (result.status == "failed") {
                                write("エラーが発生しました。:" + result.error.message);
                            }
                        });
                    }
                );
            });
            function write(s) {
                $("#result").val(s);
            }
        </script>
    </head>
    <body>
        <input id="myButton" type="button" value="OK"><br>
        <textarea id="result" cols="35" rows="5"></textarea>
    </body>
</html>

上記コードを設定したアプリを挿入後「OK」ボタンをクリックすると、事前に定義しておいた「rngSample」の範囲にコード中の配列「ary」で指定したデータが入力されることが確認できます。

上記のようにBindingsオブジェクトのaddFromNamedItemAsyncメソッドや、addFromPromptAsyncメソッド、addFromSelectionAsyncメソッドでバインドを追加しておけば、BindingオブジェクトのsetDataAsyncメソッドでデータを入力することができます。

このあたりの動作は若干分かりづらいので、実際にコードを動かしてみると良いでしょう。

・Bindings.addFromNamedItemAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp123590%28v=office.15%29
・Bindings.addFromPromptAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142150%28v=office.15%29
・Bindings.addFromSelectionAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142282%28v=office.15%29
・Binding.setDataAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp161120%28v=office.15%29

関連記事

  1. Office関連

    オデッセイ コミュニケーションズ主催のExcel VBA入門セミナーに参加しました。

    今月19日に開催されたオデッセイ コミュニケーションズさん主催の「Ex…

  2. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(G)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  3. Office関連

    [Office 365 Solo]テクニカル サポートってどんなもの?

    前々回の記事に引き続いて、Office 365 Soloの疑問点第三弾…

  4. Office関連

    Office 365 unified APIをJavaScriptだけで呼び出す

    Microsoftの松崎さんのブログに下記の記事がありました。…

  5. Office関連

    Acrobat XIを操作してテキスト認識操作を行うVBAマクロ

    マクロからAcrobatを操作する場合「PDFファイル上のフィールドの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP