Office アドイン

[Office用アプリ]任意の場所にデータを入力する。

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

今回はドキュメントの任意の場所にデータを入力する方法を紹介します。
事前準備として、Excelを開きSheet1の「$C$2:$E$4」の範囲を「rngSample」として名前定義しておきます。

そしてアプリのコードが下記になります。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
        <script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js"></script>
        <script src="https://az88874.vo.msecnd.net/api/1.0/office.js"></script>
        <script>
            Office.initialize = function (reason) {
                $(document).ready(function () {
                    Office.context.document.bindings.addFromNamedItemAsync("Sheet1!rngSample", "matrix", {id:"myRange"}, function (result) {
                        if (result.status == "succeeded"){
                            write("バインドを追加しました。:" + result.value.id + " , Type:" + result.value.type);
                        } else {
                            write("エラーが発生しました。:" + result.error.message);
                        }
                    });
                });
            }
            $(function(){
                $("#myButton").click(
                    function() {
                        var ary = [
                            [1, 2, 3],
                            [4, 5, 6],
                            [7, 8, 9]
                        ];
                        Office.select("bindings#myRange").setDataAsync(ary, {coercionType:"matrix"}, function (result) {
                            if (result.status == "failed") {
                                write("エラーが発生しました。:" + result.error.message);
                            }
                        });
                    }
                );
            });
            function write(s) {
                $("#result").val(s);
            }
        </script>
    </head>
    <body>
        <input id="myButton" type="button" value="OK"><br>
        <textarea id="result" cols="35" rows="5"></textarea>
    </body>
</html>

上記コードを設定したアプリを挿入後「OK」ボタンをクリックすると、事前に定義しておいた「rngSample」の範囲にコード中の配列「ary」で指定したデータが入力されることが確認できます。

上記のようにBindingsオブジェクトのaddFromNamedItemAsyncメソッドや、addFromPromptAsyncメソッド、addFromSelectionAsyncメソッドでバインドを追加しておけば、BindingオブジェクトのsetDataAsyncメソッドでデータを入力することができます。

このあたりの動作は若干分かりづらいので、実際にコードを動かしてみると良いでしょう。

・Bindings.addFromNamedItemAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp123590%28v=office.15%29
・Bindings.addFromPromptAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142150%28v=office.15%29
・Bindings.addFromSelectionAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp142282%28v=office.15%29
・Binding.setDataAsync method (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp161120%28v=office.15%29

関連記事

  1. Office関連

    選択中の図形の書式設定を一括変更するPowerPointマクロ

    PowerPointで複数の図形の書式を一つずつ変更するのが面倒だった…

  2. Microsoft Teams

    Microsoft Teamsでタブの構築を試してみました。

    下記記事の通り、Office 365に新たなコラボレーションツール「M…

  3. Office関連

    アクティブなページ上のシェイプを一括でグループ化するWordマクロ

    Msdn フォーラムにあった質問「複数図形のグループ化」の回答用に書い…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(N)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP