その他

Microsoft Download Centerのファイルがリンク切れを起こしているときは?

以前ブログで「Microsoftのサポートページに載っているファイルがリンク切れを起こしているときは?」という記事を書いたのですが、思っていたよりアクセスがあったので、今回は続編としてDownload Centerのファイルがリンク切れを起こしているときの、私なりの対処法を紹介したいと思います。

利用するのはご存じ「Internet Archive(Wayback Machine)」。

Internet Archiveといえば、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)でも紹介されている超有名サイトで、このサイトを利用すれば消えてしまったWebサイトも見ることができます。

使い方は上記WARPのページを見れば分かると思いますが、このInternet Archive、「How did I end up on the live version of a site? …」にもあるように、「*」を使ってワイルドカード検索することもできます。

例:

上記テキストボックスのリンクを開くと、下図のようにアーカイブされたページがリスト表示されます。

InternetArchive_01_01

ここまでくればもうお分かりだと思いますが、Internet Archiveを使えば、アーカイブされたMicrosoft Download Centerのファイル一覧を取得することができるわけです。

肝心のDownload Centerのファイルですが、URLは

のようになっているので、不定部分をアスタリスク(*)に置き換えたリンク、

を開けば一覧を取得できます。

・・・が、アーカイブされたファイルの量は膨大で(確認時で12万件弱)、ページの容量も60MB程度あるので、ページを丸ごとローカルに保存した後、目的のファイルのリンクを調べた方が良いかもしれません。

目的のファイル名が分かっていないとあまり意味はないし、必ずしもファイルがアーカイブされているわけではありませんが、どうしてもお困りの方は一度試してみてください。

■ 編集後記

Internet Archive上のファイルって著作権的にはどうなのかな?と疑問だったので以前は上記方法は紹介しなかったのですが、WARPのページに下記のような記述があったので、今回記事を書くことにしました。

インターネットアーカイブがこれほど大規模にウェブアーカイブを構築できるのはフェアユースに基づいているからです。米国では著作権にフェアユースと呼ばれる規定があります。著作物を利用する場合に、それが公正な利用であれば著作権の侵害には当たりません。その規定を基にWayback Machineは運営されています。

Internet Archive“Wayback Machine” より

それに、問題があればサイト管理者 = MicrosoftからInternet Archiveに削除申請を出しているはずなので、大丈夫でしょう!
たぶん・・・。

関連記事

  1. Windows関連

    PCをクリーンインストールしたので普段使っているツールをまとめてみた。

    Office 2016のリリースに合わせてメインで使っているPCをクリ…

  2. その他

    jQuery UIのDatepickerに祝日判定ロジックを組み込む。

    jQuery UIにはWebシステムで簡単に日付選択ができるようになる…

  3. その他

    HTML5の構文チェックを行う「Validator.nu (X)HTML5 Validator」のW…

    HTML5の構文チェックをしてくれる「Validator.nu (X)…

  4. その他

    信号機ガチャ第2弾コンプしました。

    大人気となった「信号機」ガチャの第2弾(日本信号 続 ミニチュア灯器コ…

  5. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  6. その他

    Google先生も薦めるからSSL証明書を取得してみました。

    「Google、検索結果ランキングでHTTPS対応サイトを優遇へ」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP