Office関連

類似した書式の文字列を選択するWordマクロ三種

Wordには、選択中の文字列と似た書式の文字列を一括選択する「類似した書式の文字列を選択」コマンドが用意されています(Word 2010の場合は ホームタブ→編集グループ→選択 から実行)。

Word_SelectSimilarFormatting_01

今回はこのコマンドをマクロから実行する方法を3種類まとめてみました。

Public Sub Sample1()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
End Sub

Public Sub Sample2()
  Application.CommandBars.FindControl(ID:=5946).Execute
End Sub

Public Sub Sample3()
  Application.CommandBars.ExecuteMso "SelectTextWithSimilarFormatting"
End Sub

ApplicationオブジェクトのRunメソッド、CommandBarButton(CommandBarControl)オブジェクトのExecuteメソッド、CommandBarsオブジェクトのExecuteMsoメソッドを使う方法で、どの方法でも結果は同じです。

下記のように書式を変更したり、クリアしたりすることもできるのですが、正直、使い勝手はあまりよくありません・・・。

Public Sub Sample01()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.Font.Bold = True
End Sub

Public Sub Sample02()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.ClearFormatting
End Sub

今回は、こういったことも一応できるんだ、という機能の紹介でした。

文書が互換モードかどうかを判定するWordマクロ前のページ

2015年3月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    [PowerPoint]ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する

    ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する方法として、Word…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]Random Data Generator

    Random Data Generatorはテスト用の個人情報データを…

  3. Office関連

    テキストボックスの中にある表を操作するWordマクロ

    Yahoo!知恵袋で、「Wordマクロでテキストボックスの中にある表の…

  4. Office関連

    「入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術」レビュー

    久しぶりにVBA参考書籍のレビューです。今回は沢内晴彦氏が執筆され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP