Office関連

類似した書式の文字列を選択するWordマクロ三種

Wordには、選択中の文字列と似た書式の文字列を一括選択する「類似した書式の文字列を選択」コマンドが用意されています(Word 2010の場合は ホームタブ→編集グループ→選択 から実行)。

Word_SelectSimilarFormatting_01

今回はこのコマンドをマクロから実行する方法を3種類まとめてみました。

Public Sub Sample1()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
End Sub

Public Sub Sample2()
  Application.CommandBars.FindControl(ID:=5946).Execute
End Sub

Public Sub Sample3()
  Application.CommandBars.ExecuteMso "SelectTextWithSimilarFormatting"
End Sub

ApplicationオブジェクトのRunメソッド、CommandBarButton(CommandBarControl)オブジェクトのExecuteメソッド、CommandBarsオブジェクトのExecuteMsoメソッドを使う方法で、どの方法でも結果は同じです。

下記のように書式を変更したり、クリアしたりすることもできるのですが、正直、使い勝手はあまりよくありません・・・。

Public Sub Sample01()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.Font.Bold = True
End Sub

Public Sub Sample02()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.ClearFormatting
End Sub

今回は、こういったことも一応できるんだ、という機能の紹介でした。

文書が互換モードかどうかを判定するWordマクロ前のページ

2015年3月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Google Docs APIを使ってGoogle ドキュメントを操作するVBAマクロ

    前回の記事で新しく追加されたGoogle Docs APIを紹介しまし…

  2. Office関連

    Office製品のフィードバック先まとめ

    WordやExcel等のOffice製品を使っていて、「UIのこの日本…

  3. Office関連

    CDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロ(UTF-8対応版)

    2年ほど前にCDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロについて記事…

  4. Office関連

    [VBA]ユーザーフォーム上のコンボボックスでオートコンプリート機能を実装する方法

    MSDNフォーラムに「ユーザーフォーム上のコンボボックスで、任意の文字…

  5. Office関連

    ビジネスITアカデミーの無料VBAセミナーに行ってきました。

    Excel MVPの伊藤さんやWord MVPの新田さんのブログ記事で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP