Office関連

類似した書式の文字列を選択するWordマクロ三種

Wordには、選択中の文字列と似た書式の文字列を一括選択する「類似した書式の文字列を選択」コマンドが用意されています(Word 2010の場合は ホームタブ→編集グループ→選択 から実行)。

Word_SelectSimilarFormatting_01

今回はこのコマンドをマクロから実行する方法を3種類まとめてみました。

Public Sub Sample1()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
End Sub

Public Sub Sample2()
  Application.CommandBars.FindControl(ID:=5946).Execute
End Sub

Public Sub Sample3()
  Application.CommandBars.ExecuteMso "SelectTextWithSimilarFormatting"
End Sub

ApplicationオブジェクトのRunメソッド、CommandBarButton(CommandBarControl)オブジェクトのExecuteメソッド、CommandBarsオブジェクトのExecuteMsoメソッドを使う方法で、どの方法でも結果は同じです。

下記のように書式を変更したり、クリアしたりすることもできるのですが、正直、使い勝手はあまりよくありません・・・。

Public Sub Sample01()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.Font.Bold = True
End Sub

Public Sub Sample02()
  Application.Run "SelectSimilarFormatting"
  Selection.ClearFormatting
End Sub

今回は、こういったことも一応できるんだ、という機能の紹介でした。

文書が互換モードかどうかを判定するWordマクロ前のページ

2015年3月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]JavaScript API for Officeのポスター

    JavaScript API for Officeのオブジェクト、メソ…

  2. Office関連

    GetSpellingSuggestionsメソッドで文法上の誤りの修正候補は取得できない?

    前回と前々回の記事でスペルチェック、文章校正に関するWordマクロを扱…

  3. Office関連

    [Word 2013]表形式のデータ入力にはコレが便利!?「コンテンツ繰り返しコントロール」の紹介

    Wordにはユーザー入力フォームを作るのに便利な機能「コンテンツ コン…

  4. Office関連

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)(2)

    昨日の記事で、Microsoft Edgeを操作するVBAコードを改め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP