Office アドイン

[Officeアドイン]メールアドイン(旧メールアプリ)がExchange不要になりました。

※ この記事は 2015/06/13 時点で公開されているOutlook.comのプレビュー版を元にしていますので、リリース版の情報とは異なる場合があります。

前々回の記事でOutlook.comのプレビュー版について触れましたが、敢えて触れなかった機能が一つあります。

それはずばり“メール アドイン”(Mail Add-in for Office)です。

[Office用アプリ]メールアプリの配置方法」でも書いている通り、メール アドイン(旧メール アプリ)は元々Exchangeに配置する必要があり、開発しようにもなかなか敷居が高かったのですが、今回のアップデートによって、Exchange(Office 365)に配置する必要が無くなり、一般向けのOutlook.comだけで扱うことができるようになりました。

ならば早速試すしかない!!

・・・というわけで、実際にアプリを動かしてみました。

Outlook.comでメール アドインをインストールする。

  1. まずはアプリ本体とマニフェストファイルを準備します。といっても、以前書いた記事「[Office用アプリ]メールアプリの配置方法」のアプリがあるので、それをそのまま流用します。
  2. ・アプリ本体(afo_mailapp_sample.html)

    <!DOCTYPE html>
    <html>
        <head>
            <meta charset="UTF-8">
            <meta name="robots" content="noindex,nofollow">
            <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
            <title>動作確認用メールアプリ</title>
            <script src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.11.0.min.js"></script>
            <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.0/hosted/office.js"></script>
            <script>
                Office.initialize = function(reason){
                    $(document).ready(function(){
                        var itm = Office.context.mailbox.item;
                        $("#subject").text($("#subject").text() + itm.subject);
                        var from;
                        if(itm.itemType === Office.MailboxEnums.ItemType.Message){
                            from = itm.from;
                        }else{
                            from = itm.organizer;
                        }
                        $("#from").text($("#from").text() + from.displayName);
                    });
                }
            </script>
        </head>
        <body style="font-size:14px;">
            <h3>■ 動作確認用メールアプリ</h3>
            <h4 id="subject">subject:</h4>
            <h4 id="from">from:</h4>
        </body>
    </html>

    ・マニフェストファイル(TestMailAddIn.xml)

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="MailApp">
      <Id>60644213-2f40-40d2-a9a1-e443ee556bce</Id>
      <Version>1.0</Version>
      <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
      <DefaultLocale>ja-jp</DefaultLocale>
      <DisplayName DefaultValue="テスト用メールアプリ" />
      <Description DefaultValue="テスト用のメールアプリです。" />
      <Capabilities>
        <Capability Name="Mailbox" />
      </Capabilities>
      <DesktopSettings>
        <SourceLocation DefaultValue="https://googledrive.com/host/0B-qBxi46CCaVVXJRQVhyME85SWM/afo_mailapp_sample.html" />
        <RequestedHeight>250</RequestedHeight>
      </DesktopSettings>
      <Permissions>ReadItem</Permissions>
      <Rule xsi:type="RuleCollection" Mode="Or">
        <Rule xsi:type="ItemIs" ItemType="Message" />
      </Rule>
    </OfficeApp>
  3. Outlook.comにサインインし、「設定」メニューから「アプリの管理」を選択します。
  4. Mail_Addins_01_01

  5. アプリの管理画面が表示されたら「追加」から「ファイルから追加」を選択します。
  6. Mail_Addins_01_02

  7. ファイルからアプリを追加画面が表示されたら「参照」ボタンをクリックして、1.で用意したマニフェストファイルを選択後「次へ」ボタンをクリックします。
  8. Mail_Addins_01_03

  9. “このアプリは Office ストアから取得されたものではなく、Microsoft によって検証されていません”との警告が表示されますが、無視して「インストール」ボタンをクリックします。
  10. Mail_Addins_01_04

  11. “Outlook 用のアプリを追加しました”画面が表示されたら「OK」ボタンをクリックして、インストール作業終了です。
  12. Mail_Addins_01_05

  13. アプリの管理画面を表示すると、アプリがインストールされていることが確認できます。
  14. Mail_Addins_01_06

  15. メールを開くと本文に「テスト用メールアプリ」ボタンが表示されているので、これをクリックするとアプリが実行され、件名と送信者が表示されます。
  16. Mail_Addins_01_07

    Mail_Addins_01_08

これまでの、Office 365の管理者アカウントを用意してExchangeを設定してアプリを配置して・・・という作業に比べると、圧倒的に楽です。

必要なものは

  • Microsoft アカウント
  • https対応のWebサーバー(Azure Web サイトでもレンタルサーバーでも何でも可)
  • HTML + JavaScriptの知識

だけで良いので、簡単にアドイン(アプリ)を作ることができます。

これだけ手軽になったら、新しいOutlook.comがリリースされたら、アドインを作ってみようという方も増えそうです!!

関連記事

  1. Office関連

    Office 2019 Commercial Preview版のインストール方法

    「Microsoft、「Office 2019 Commercial …

  2. Office関連

    Custom UI Editorの最新版がGitHubで公開されました。

    下記記事等で紹介している、リボンUIをカスタマイズするためのツール「C…

  3. Office関連

    Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

    「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って…

  4. Office関連

    Excel 2013で駅すぱあとWebサービス APIの「経路探索」を使ってみました。

    「「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。」で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP