Office関連

Office 2016 Preview for Windowsのサポート情報まとめ

Office のサポート ページ – support.office.com」から、Office 2016 Preview(Windows版)に関する情報が載っているページをまとめてみました(2015/06/19 時点)。

ローカライズされていないページもありますが、すでに日本語化されたサポートページも多くあります(特にOneNote)。

上記サポートページを見ると、“Word 2016 for Windows”や“Excel 2016 for Mac”というように、「○○ 2016 for Windows」「○○ 2016 for Mac」と、Windows版とMac版で区別されていることが分かります。

これまでは“Office 2010”(Windows)と“Office 2011”(Mac)、“Office 2007”(Windows)と“Office 2008”(Mac)というように、Windows版とMac版とで製品名に入る「年」が被ることは無かったのですが、Office 2016では、Windows版もMac版も同じ“2016”です。

このため、例えばWindows版Excel 2016の情報を調べるため「”Excel 2016″」をキーワードに検索しても、Mac版Excel 2016の情報がヒットしたりと、これまでのバージョンと比べて検索ノイズが増えることが予想されます。

これを回避するためには、キーワードを「“Excel 2016 for Windows”」にしたり「-Mac」のように除外オプションを付けたりと、情報を調べるときは検索キーワードを工夫する必要があります。

また、Webコンテンツの提供者側も、訪問者を絞り込むためにはタイトルでWindows版かMac版かを明示したりと、何かしらの工夫をする必要がありそうです。
(Windows版とMac版、両方を対象に扱う場合はこの限りではありませんが…)

現在プレビュー版が公開されているOffice 2016、今年の秋に製品版が発売されると言われていますが、製品そのものもさる事ながら、今後公開されるWebコンテンツもどのようになっていくのか注目していきたいところです。

[Officeアドイン]メールアドイン(旧メールアプリ)がExchange不要になりました。前のページ

段落内改行を一括置換するOutlookマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    PowerShellからClosedXMLを使ってExcelファイルを作成する方法

    以前C#からClosedXMLを使ってExcelファイルを操作する方法…

  2. Office関連

    コンテンツコントロールに外部XMLのデータをマップするWordマクロ

    Word 2007で追加された機能「コンテンツコントロール」を使うと外…

  3. Office アドイン

    [Officeアドイン]Excel Custom functionsのデバッグ方法

    前回の記事でExcelの新たな機能「Custom functions」…

  4. Office関連

    Excel Services JavaScript APIを試してみました(2)

    前回の記事で、JavaScriptコードを貼り付けてExcelワークブ…

  5. Office関連

    SendKeysでWindowsキーを送信するVBAマクロ

    「VBA SendKeys Windowsキー」といったキーワード検索…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP