Office関連

Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しました。

Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Microsoft アカウント(MSA)からでもGraph APIが呼べたにもかかわらず、これまでは“ビジネス用Office 365アカウントが無いと使えない”という、致命的な弱点を抱えていた「Microsoft Graph Explorer」ですが、知らない間にMicrosoft アカウントにも対応していたようです。

アクセス許可を変更すれば、下図の通りメール送信(sendMail)もできます。

これでさらに使いやすくなった「Microsoft Graph」、使ってみよう!という人が増えれば良いなー、と思います。

関連記事

  1. Office関連

    ページごとにPNG形式で出力するWordマクロ(Word 2013)

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  2. Office関連

    アクティブなページ上のシェイプを一括でグループ化するWordマクロ

    Msdn フォーラムにあった質問「複数図形のグループ化」の回答用に書い…

  3. Office関連

    SharpDevelopでExcel用COMアドインを作成する方法

    「SharpDevelopのインストールと日本語化」で紹介しているSh…

  4. Office関連

    Web上でVBAのコードを解析するツール「Microsoft Sharepoint and VBA …

    Web上でVBAやSharePointアプリケーションのコードを解析し…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]サポートページにある資料へのリンクをまとめてみました。

    MicrosoftのサポートページにあるOffice 用アプリや関連技…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP