Office関連

Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しました。

Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Microsoft アカウント(MSA)からでもGraph APIが呼べたにもかかわらず、これまでは“ビジネス用Office 365アカウントが無いと使えない”という、致命的な弱点を抱えていた「Microsoft Graph Explorer」ですが、知らない間にMicrosoft アカウントにも対応していたようです。

アクセス許可を変更すれば、下図の通りメール送信(sendMail)もできます。

これでさらに使いやすくなった「Microsoft Graph」、使ってみよう!という人が増えれば良いなー、と思います。

【Illustrator】指定したPDFプリセットでAIファイルをPDFに一括変換するVBScript前のページ

「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら」動画公開次のページ

関連記事

  1. Office関連

    パスワード付のPDFファイルを作成するExcelマクロ

    2019/8/16 追記:WordやPowerPointにも対応し…

  2. Office関連

    Office 2016 Preview for Windowsのサポート情報まとめ

    「Office のサポート ページ - support.office.…

  3. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(K,L)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]「ActiveViewChanged」イベントと「getActiveView…

    v1.1で追加された、ビューが変更された時に発生するイベント「Acti…

  5. Office関連

    Excel 2016でUTF-8のCSVファイルがサポートされるようになりました。

    Office 2016の10月の機能更新によって、ExcelでUTF-…

  6. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(E)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP