Office関連

Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しました。

Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Microsoft アカウント(MSA)からでもGraph APIが呼べたにもかかわらず、これまでは“ビジネス用Office 365アカウントが無いと使えない”という、致命的な弱点を抱えていた「Microsoft Graph Explorer」ですが、知らない間にMicrosoft アカウントにも対応していたようです。

アクセス許可を変更すれば、下図の通りメール送信(sendMail)もできます。

これでさらに使いやすくなった「Microsoft Graph」、使ってみよう!という人が増えれば良いなー、と思います。

【Illustrator】指定したPDFプリセットでAIファイルをPDFに一括変換するVBScript前のページ

「もし宇宙人が地球レポートをまとめたら」動画公開次のページ

関連記事

  1. Office関連

    パスワード付のPDFファイルを作成するExcelマクロ

    2019/8/16 追記:WordやPowerPointにも対応し…

  2. Office関連

    OfficeのコマンドID(コントロールID)リストがGitHubで公開されました。

    前回の記事でも触れていますが、メインストリームサポート期間内のOffi…

  3. Office関連

    手軽に参照設定するためのVBAアドイン

    thom氏のブログで面白い記事がありました。・VBA 参照…

  4. Office関連

    [Excel VBA]PrintPreview後に印刷するとCtrl+;の日付形式が変わる?

    MSDNフォーラムで面白い質問がありました。・Excel …

  5. Office関連

    PowerPoint 2013でYouTubeの動画を挿入する。

    2014/5/23 追記:いつの間にか「ビデオの挿入ダイアログ」が…

  6. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(P)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP