Office関連

選択中の図形の書式設定を一括変更するPowerPointマクロ

PowerPointで複数の図形の書式を一つずつ変更するのが面倒だったので書いたマクロです。
細かいエラー処理はしていません。

Option Explicit

Public Sub SetShapeStyle()
  Dim srng As PowerPoint.ShapeRange
  Dim shp As PowerPoint.Shape
  
  On Error Resume Next
  Set srng = Application.ActiveWindow.Selection.ShapeRange
  On Error GoTo 0
  If Not srng Is Nothing Then
    For Each shp In srng
      With shp
        On Error Resume Next
        .Fill.Solid
        .Fill.Visible = False '塗りつぶしなし
        On Error GoTo 0
        If .TextFrame2.HasText = True Then
          .TextFrame2.TextRange.Font.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
        End If
        With .Line
          .Weight = 1
          .ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
          .DashStyle = msoLineSolid
          .Style = msoLineSingle
        End With
      End With
    Next
  End If
End Sub

図形を選択した状態でマクロを実行すると、一瞬で書式が変更されます。

コードを変えれば好きな書式にすることもできるので、大量の図形を扱う機会が多い方は是非お試しください。


2017/5/25 追記:
どのファイルを開いているときでもマクロを呼び出したいときは、下記記事の方法をご参照ください。

関連記事

  1. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。…

    埋め込んだExcelワークブックの、選択範囲が変更されたときのイベント…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]TechEd North America 2013のセッション資料

    アメリカ・ニューオリンズで現地時間6月3日から6日にかけて開催された開…

  3. Office関連

    PowerPointスライドショー終了後ファイルを閉じるVBAマクロ

    「Excel VBA PowerPoint スライドショー後閉じる」と…

  4. Office関連

    続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP